うつ病の基礎とマメ知識

記事一覧

身体的な症状に隠されている「仮面うつ病」早めに心療内科の受診を

うつ病の特徴として「憂うつ感」や「気分の落ち込み」などが挙げられますが、このような症状が現れないタイプのうつ病に「仮面うつ病」と呼ばれるうつ病があります。

うつ病の症状は隠されていることから、仮面うつ病と呼ばれており、主にうつ病の初期段階のことを指します。症状としては頭痛、胃の痛み、肩こり、排泄の異常、めまい、性欲低下、食欲不振、身体の倦怠感といった身体的な症状が代表的で、不眠の症状や動悸などが現われることもあります。

しかし、うつ病特有の気分の落ち込みなどは見られないため、自分がうつ病を発症していることに気付かない患者がほとんどです。

ただ疲れが溜まっているだけ、ちょっと休めば良くなる、と思っていても、その身体的な症状の裏にはうつ病が隠れていることも考えられるため、以上に挙げたような症状が長引く場合は早めに心療内科や精神科を受診することをおすすめします。

この他にも、仮面うつ病の特徴としては記憶力の低下や集中力の低下が挙げられます。

例えば、ずっと同じように仕事を続けてきたのにもかかわらず、最近集中力が落ちてきてしまったとか、今まで普通に覚えられていたことなのに記憶することが難しく感じるようになってきてしまったとか、自覚症状が見られる場合はすぐに医師に診てもらうようにしましょう。

仮面うつ病は放っておくと症状はどんどん進行していってしまいます。実際にうつ病を発症してしまうこともありますので、早めに対処をしておきましょう。

また、仮面うつ病はうつ病特有の憂うつ感などの症状が現れないため、身体的な面に問題があると考えてしまうことがほとんどです。実際に現われるのが頭痛や胃痛、食欲不振などの症状であるため、内科を受診することが普通ですよね。

しかし、仮面うつ病を発症していることが原因で現れている症状である場合は、内科を受診しても原因を探ることができず、適切な治療をすることができません。

実際に内科を受診しても異常はないと言われてしまい、体調不良の原因が見つからない、という人も少なくありません。

このように内科で原因が見つからない体調不良の場合には、仮面うつ病であることが考えられますので、心療内科や精神科を受診してみてください。

仮面うつ病も抗うつ剤などの薬物療法によって治療していくことができますし、早めに対処することで症状の進行を防ぐことができるようになります。

自分自身に自覚症状がある場合はもちろん、周りに仮面うつ病かもしれない友人や家族がいる場合も、早めの受診を勧めてみてください。

仮面うつ病を発症している人は何事も責任感が強く頑張ってしまうことがあるので、自分一人で辛さを抱えてしまいがちです。

うつ病の克服には人の力が必要です。周囲の人たちに「最近元気がないな」「最近ボーッとしていることが多くなったな」と感じることがあれば、どんな話でも良いので聞いてあげるようにしましょう。

「わがまま」や「怠け癖」ではない頑張りたくても頑張れないうつ病

学校に行きたくない、仕事に行きたくない、というようなわがままは誰もが思うことですよね。でも、そこに「うつ病」の症状が隠れているような場合は、わがままという言葉だけで済ませてしまってはいけません。

以前は「怠け病」と呼ばれていたうつ病ですが、うつ病の症状に対する様々な原因がわかってきた現在では、うつ病も一つの病気として診断されるようになりました。

治療も行なうことができますし、適切に治療を続けていくことで完治させることもできる病気です。

事情について何も知らない人からは勉強や仕事をさぼっているように見られてしまうこともありますが、うつ病はただのわがままや怠け癖とは全く違ったものなので、学校や仕事に行きたくない、と思うことに対しても悩む必要はありません。

頑張りたくても頑張れない、楽しみたいのに楽しめない、このような状況になってしまうのがうつ病です。うつ病になってしまったら、無理に頑張ることはせず、まずはゆっくり心を休めることが大切です。

「心の病」とも呼ばれていることから、疲れた心を休ませてあげることもうつ病の治療法の一つなのです。

これはうつ病に限らず、パニック障害や不安障害などの精神疾患にも言えることなので、薬を服用するだけではなく、根本的に病気を治すためにも自分の心を休めてげるようにしましょう。

そのためには自分一人の力では足りません。うつ病を克服するためには、家族の理解、医師の協力、友人や仲間の助けも必要となっています。

うつ病は患者が一人で乗り越える病気というよりも、周りの人々が協力し合うことで克服していくことができる病気です。一人で頑張ってしまうとうつ病の症状がますます悪化する原因になりますから、一人で抱え込まないようにしましょう。

なので、自分で「もしかしたらうつ病かもしれない」と思ったら、まずは家族や友人に相談してみてください。話を聞いてくれる人がいるだけでも心は少し休まります。

うつ病を完全に治すためには治療を始める必要がありますが、自分の気持ちを素直に話してみることで心の負担を軽くすることができます。

ただのわがままかもしれない、ただ怠けているだけなのかもしれない、と不安に思う時こそ誰かに気持ちを打ち明けてみましょう。

その不安が増幅されてしまうと、うつ病だけではなく他の精神疾患も併せて発症してしまう恐れもありますし、不安感以外にも様々な症状が現れてきてしまうこともあります。不安になることは誰にでもありますから、信頼できる人に遠慮しないで話してみましょう。

うつ病の治療は薬物療法や認知行動療法によって行なわれていきますが、一人きりで不安感を抱え込まずに誰かに話してみる、まずはここからが治療のスタートになります。

うつ病であること自分で認めることは怖いことですが、うつ病の治療をするためには大切なことです。早めに対処するためにも、自分の気持ちを誰かに話してみてくださいね。

考えていることをしっかり認めてあげて、うつ病の人に対する接し方

人は誰かから「頑張って!」と言われると、やる気が出てきて「よし、頑張ろう」という気持ちになるものです。

他人からの応援が原動力となって、様々な物事にチャレンジしたり、諦めかけていたことに対しても打ち込めるようになったり、気分も明るくなっていきます。

しかし、うつ病を発症している人にとって「頑張って!」という言葉はとても辛く、重いものとなってしまいます。応援されて嬉しいと感じたり、もっと頑張るために行動を起こすことができず、憂うつ感や絶望感に襲われてしまうのです。

決して「頑張りたい」という気持ちがないわけではなく、「頑張りたくても頑張れない」状態になってしまうのがうつ病特有の症状として見られています。

そのような状態で他人から「頑張って!」と言われても、もうこれ以上どう頑張れば良いのか分からなくなってしまいますよね。

頑張っている人に対して「頑張って!」という言葉をかけても、今の段階で十分に頑張っているのですから、せっかくかけた言葉の力も薄れてしまうのです。

うつ病を発症している人は端から見ると、さぼっているとか怠けているとか、良い印象に見られないことがありますが、これはうつ病という病気が原因となって現れてしまっている症状なので、その人自身にさぼる気持ちや怠ける気持ちがあるわけではありません。

「うつ病」という事情を知らなければ気付かれない、ということは非常に辛い部分なのですが、こうした勘違いをこれ以上大きくしないためにも、周りにいる皆さん自身がうつ病に対してしっかり理解をしてあげることが大切です。

もちろんうつ病を発症している患者自身も、自分のうつ病の症状と向き合っていく必要がありますが、うつ病を一人で克服していくにはあまりに負担が大きすぎます。

一人きりで克服しようとすると今以上に症状が重くなる場合もありますし、他の精神疾患を併発してしまう恐れもあるので、うつ病を改善させるためには周りの人々の協力が不可欠となっているのです。

では、うつ病を発症している患者に対して、私達はどのような接し方をしていけば良いのでしょうか?うつ病の特徴としては、やはり憂うつ感や気分の落ち込みに心が支配されてしまっていることから、物事をポジティブに考えることができなくなってしまっています。

でもそこで「ポジティブに考えてみれば?」などというアドバイスをしても、うつ病を発症している人には逆効果です。

物事をポジティブに考えることができない自分を責めてしまうことになるので、アドバイスするのではなく、その人自身が考えていることを認めてあげるようにしましょう。

また、人によっては感情の起伏が激しく、気分に波が見られることもありますが、皆さんはその波に振り回されることなく冷静に接することが重要です。

あまり感情移入しすぎると、うつ病の人と付き合っていくことに疲れてしまうこともありますので、時には黙って見守るように心がけましょう。

おじいちゃんやおばあちゃんに元気がない時「老人性うつ病」の恐れも

最近おじいちゃんに元気がない、おばあちゃんが笑うことが少なくなった、と感じることはありませんか?お年寄りにこうした症状が見られる場合、真っ先に考えるのが「認知症」ですが、症状によっては「老人性うつ病」を発症してしまっている恐れもあります。

うつ病は働き盛りの年代が発症しやすい病気で、近年では「新型うつ病」と呼ばれている若年層に多く見られるタイプのうつ病も増加傾向にあります。

新型うつ病は、職場ではうつ状態になるけれどプライベートでは普段通り元気、といったように従来型のうつ病とは違った特徴を持っています。

従来型のうつ病とは正反対の症状が起きることもあるので、端から見るとうつ病を発症しているとは思われず、ただの怠け癖だと見られることも少なくありません。

しかし、新型うつ病もれっきとしたうつ病の一つなので、早めに症状に気付くことが大切です。そして老人性うつ病もまた、早めに対処をすることで症状を改善させていくことができるようになります。

老人性うつ病の特徴は従来型のうつ病と同様で、憂うつ感に苛まれて何事にもやる気が起きなくなり、何でも悪い方へ考えてしまい気分が塞ぎがちになってしまいます。

大好きな趣味に対しても「楽しい」とか「おもしろい」と感じなくなることもありますし、ちょっとしたことでイライラして人にあたったり、「自分が悪い」「自分は生きていてもしょうがない」などと自分のことを責めたりするような症状も見られるようになります。

どれもうつ病の典型的な症状ですが、こうした症状がお年寄りに起きると、老化のせいや年齢のせいと片付けられてしまうことも珍しくありません。

実際に私達は、年を取ると身体の節々が動かしづらくなり外出をする回数も減っていきます。特に足腰が弱まってくると、ちょっと近所に出かけるだけでも億劫に感じてしまうこともありますから、特に意識をしなくても外に出ることが少なくなってしまうのです。

また、仲の良かった友達が亡くなってしまった、大好きなペットが死んでしまったなど、環境の変化が影響してうつ病を発症するケースもありますが、これも老人性うつ病の発症原因に大きく関わっています。

年を取るごとに仲良くしてきた人は少なくなり、ペットも自分より先に死んでしまった、こうした喪失感からうつ病を発症してしまう場合があるのです。

では、老人性うつ病の症状を改善させていくためにはどのように対処すれば良いのでしょうか?まず少しでもおかしいと思ったら、すぐに医師に相談するようにしてください。

老人性うつ病を発症している本人は、自分がうつ病であると気付いていない場合の方が多いので、周りの家族などが医師に相談してみると良いでしょう。

できれば心療内科や精神科の医師に相談することがおすすめですが、かかりつけの医師でも構いません。かかりつけの医師に話を聞いてもらうだけでも心を楽にすることができますよ。

仕事における責任感・ストレス・プレッシャーなどもうつ病の原因に

仕事は私達にとって必要不可欠なものです。仕事をしなければ生活することができませんし、大切な家族を養っていくこともできません。

また、仕事をすることで人間として成長していくこともできることから、働くことに対して強い思いを抱えている人も多いかと思います。

しかし、仕事に対して真面目に打ち込みすぎると、その反動で「うつ病」を発症してしまう恐れが高まるため、仕事を頑張りすぎないこともまた、私達には大切なことと言えます。ここではうつ病と仕事の関係について見ていくことにしましょう。

皆さんは自分の仕事に対して責任感を持って行なっているでしょうか?責任感を持って仕事をしている人もいれば、自分がやらなくても他の誰かがやってくれる、といったように仕事に対して真面目に取り組んでいない人もいるものですよね。

うつ病を発症しやすいのは前者のタイプで、責任感が強く、仕事に限らず何事も完璧にこなさなければ気が済まない性格の人がうつ病を発症しやすいと考えられ、うつ病がきっかけで仕事を続けることができなくなってしまった人も少なくありません。

もちろん、仕事をすることにおいて、責任を持って自分の仕事をこなすことはとても重要なことです。責任感の強い人は上司や後輩からの信頼も厚く、出世する夢を叶えていく人も多く見られています。

しかし、責任が重くなればなるほどストレスやプレッシャーを感じることも増えていくため、人によってはそのストレスやプレッシャーに耐えきれず、うつ病として精神的・身体的に様々な症状が現れてきてしまうのです。

うつ病の症状として主に挙げられるのが、憂うつ感や気分の落ち込みですが、その他にも食欲不振、睡眠障害、イライラ感、趣味が楽しめないなど、様々な症状が現れるようになります。

このような状態が2週間以上継続しているようであれば、うつ病を疑った方が良いでしょう。うつ病は放っておくと他の精神疾患を併発してしまう恐れもありますし、仕事だけでなく生活全体に支障が出てしまう場合も少なくありません。

仕事がきっかけでうつ病になる→うつ病がきっかけで仕事ができなくなる→仕事ができないことに対するイライラや不安感が起きる→うつ病の悪化、という悪循環も引き起こってしまうため、もしうつ病を発症してしまった場合は発症の原因になった仕事から離れ、環境を変えていくことが必要となります。

うつ病の進行を最小限に止めるためにも、少しでもおかしいと思ったら心療内科や精神科を受診してみてください。初期の状態であればカウンセリングを受けるだけでも心は楽になりますし、薬物療法や認知行動療法を続けていくことで症状は改善に向かいます。

また、うつ病の発症を防ぐためには、まず仕事での負担を減らすことをおすすめします。「自分の仕事は自分でやらなければ」という考えを変えて、同僚に仕事を任せてみるなど、周りの人々を頼ってみるようにしましょう。

子供でもうつ病になるの?まずはハッキリとした原因を知ることから

主に働き盛りの年代に見られることが多い「うつ病」ですが、近年では子供がうつ病を発症するケースも増加傾向にあります。「子供もうつ病になるの?」と疑問に思う皆さんも多いかもしれませんが、うつ病の原因になるストレスや環境の変化は子供も少なからず感じているものです。

うつ病の原因には「セロトニン」などの脳内物質の不足なども挙げられますが、子供の場合は心因的な問題が大きく関わっていることがほとんどなので、まずはうつ状態になってしまった原因と取り除いてあげることが第一です。

子供がうつ病になってしまう原因としては、家族や友達などの人間関係、家庭や学校などの環境が挙げられます。子供が生活をしている場所は家庭と学校が中心であるため、うつ病の原因も家庭と学校の中にあると考えられているのです。

その他にも習い事や塾などに通っている場合は、その特定のコミュニティの中で問題を抱えていることもありますし、家の近所や学校の周辺などで関わった人々がうつ状態を引き起こす原因となっていることもあります。

ハッキリとした原因を知るためにも、子供が活動している環境ではどのような人間関係が築かれているのか、しっかり見ておくことが大切です。

例えばどんな友達がいるのか、学校ではどのような生活をしているのかなど、家庭では分からない問題も多いですから、不安な点があれば学校の先生に聞いてみるようにしましょう。

ただし、学校だけにうつ病の原因が隠れているわけではありませんから、家庭内において子供の様子を見ておくことも重要です。

子供が発症するうつ病の症状の特徴としては、すぐに癇癪を起こしたり、集中力がなかったり、感情表現が上手くできなかったり、爪を噛むなどの癖が現れたりと、様々な症状が挙げられます。

大体小学生の時期にうつ病を発症したような場合はこのような症状が現われることが多く見られますが、中学生に成長すると今度は自殺に興味を持つようになってくる、劣等感が強くこだわりも強くなる、何事も気まぐれになりやすく気分の変化が激しい、頭痛や腹痛など体調の変化を自ら言ってくるようになるなど、症状も変わってくる傾向があります。

特に頭痛や腹痛などの旨を伝えるようになるのは、学校に行きたくない=登校拒否の状態に陥ってしまうことも多いので、十分な注意が必要です。

では、子供がうつ病を発症しているかもしれない、という状況になったらどのように対処すれば良いのでしょうか?まずはやはり心療内科などの専門医に診せることから始めてみてください。

子供の精神疾患を専門としている児童精神科などもありますので、どんな不安な点でも良いので相談してみましょう。

子供のうつ状態に対して親である皆さんが悩んでしまうと、皆さんまでうつ病を発症してしまい兼ねません。子供のうつ病も早めの対処が重要なので、以上に挙げたような症状が見られる場合は一度医師に相談してみると良いでしょう。

うつ病と上手く付き合いながら生きる、弱い部分も見せることが大切

ついつい見栄を張ってしまったり、格好をつけてしまったりしたことはありませんか?自分を大きく見せたい、すごいと思われたい、弱みを見せたくないなど、人間生きていれば誰でも一度は経験があるかと思います。

しかし、このようなことを続けていると心には大きな負担をかけてしまうことになります。知らず知らずのうちに見栄を張ることがストレスになっていたり、自分を良く見せようとする努力が嫌になったりして、心が疲れてしまうのです。

私達は風邪を引くと体調が悪くなりますが、心も同じように風邪を引きます。それが「うつ病」をはじめとした精神疾患です。負担をかけられた心をそのまま放っておいてしまったら、どうなるでしょうか?

心の風邪をこじらせてしまう、つまりうつ状態が悪化してしまうというわけです。うつ病はしっかり治療をすれば改善していく病気です。

心の病、というととても厄介なものに思うかもしれませんが、治療を受けることで症状は徐々に回復していきます。うつ病を発症した時に一番してはいけないことは、今まで通り頑張ってしまうことです。

自分を良く見せたいと思ってしてきた努力に疲れている、弱みを見せることができない自分が嫌になる、そのままの状態を続けていても、うつ病の症状は一向に改善されません。

うつ病を治療するためにまず必要なことは、「頑張らないこと」ですから、自分のペースで治療を始めてゆっくり症状と向き合いながら回復させていくことを心がけていきましょう。

症状を悪化させる原因となるストレスを感じる環境を変えることも大事ですし、家族など周りの人たちの助けを借りることもうつ病の治療には大切です。

これまで他人に弱みを見せないように生きてきた、という皆さんは、うつ病をしっかり治すためにも自分から弱いところを見せてあげましょう。

自分一人ではできないことは誰かに手伝ってもらう、辛い時は誰かを頼ってみる、悲しいことがあったら誰かに話を聞いてもらうなど、自分が今できることからで構いません。

弱い部分を見せずに生きてきた皆さんには難しく感じることもあるかもしれませんが、一度話すことができれば驚くほど心は楽になります。

他人が信用できない、他人に頼るなんてできない、と考えている皆さんも、少しずつでいいので自分の弱い部分を話してみてください。

決して無理をすることはありません。自分が「話したい」と思った時に話せば良いので、気が向いたら誰かに相談してみると良いでしょう。

うつ病はすぐに良くなる病気ではないので、症状を回復させていくためには時間がかかりますが、治療を続けていけば症状は改善することができます。

そこにはうつ病から抜け出すための希望が必要です。自分だけでは不安に思うことがあるかと思いますが、そんな時は家族や友達などを頼ってみてください。そしてうつ病のことをしっかりと受け入れ、上手く付き合いながら生きていきましょう。

一度発症したうつ病は治る?克服していくためには自分の力も必要

病気というものはしっかり治療をすることで完治させていくことができます。もちろん症状の程度にも寄りますが、症状が軽かったり、治療のために使うことができる薬などの療法が揃っていれば、病気を治すことができるのです。

これは「うつ病」も同じです。うつ病は「心の病」とも呼ばれる精神疾患の一種で、様々な原因によって発症する病気です。

ストレスなど心因性の問題、環境の変化などが大きな原因となっていますが、「セロトニン」などの脳内物質の不足もうつ病を発症する原因と考えられているため、うつ病を治療するための薬物療法では、脳内物質の不足を補う効果が期待できる薬を使用する場合もあります。

多くの人はうつ病を治療する際には薬物療法を用いると考えていることかと思いますが、実際には薬物療法だけではうつ病を完治させることはできません。

うつ病を克服していくためには、患者である皆さん自身が「うつ病を治したい!」と強く思うこと、そして行動していくことが必要なのです。

薬を飲んだだけでうつ病が完治するわけではなく、共に「認知行動療法」などの他の治療法を併せて行なっていくことで、徐々に症状を回復させていくことができるのです。

例えば、内臓疾患などの病気の場合は薬や手術によって治療を行なっていきますよね。内臓疾患にとってはこれが適切な治療なのですが、これがうつ病などの精神疾患になると、患者自身の「治したい!」という気持ちが非常に重要となっています。

もちろん内臓疾患などを発症した場合も、病気の辛さに負けそうになってしまうこともありますが、手術を受けて薬を服用し、医師の元で治療を続けていくことで症状を改善させていくことができます。

しかし、うつ病の場合は認知行動療法も必要となっているため、患者自身がうつ病に対する考え方を改めていくことが治療の一つとされています。

うつ病を発症すると考え方がネガティブになり、何事に対してもやる気や楽しみを感じられなくなってしまいます。こうしたネガティブな思考回路を変えていくために、認知行動療法は行なわれます。

認知行動療法はパニック障害などの治療にも用いられている治療法で、これまでの考え方を改めながら実際に行動に移していくことで、症状を落ち着かせていくことができるようになるのです。

ただし、重度のうつ病の場合は認知行動療法を行なったことでさらに症状が悪化してしまう恐れもあります。

軽度のうつ病であれば認知行動療法は効果的なのですが、重度の場合は「うつ病を治す」ということを考えることもできない状態になってしまっているので、まずは薬物療法で症状を抑制させていくことが必要です。

このように例外もありますが、どちらにしても患者である皆さん自身がうつ病と向き合っていかないことには完治は望めません。うつ病を発症してしまったら、医師や家族などの力を借りながら自分としっかり向き合っていくことから始めていきましょう。

心ない批判や中傷・期待感が負担になることも、芸能人もかかるうつ病

心に大きな負担がかかることが原因となって発症する「うつ病」。負担となる要因は人それぞれですが、仕事に対するプレッシャー、人間関係のストレスなどが主に挙げられます。

また、うつ病は芸能人などの人前に立つことが多い仕事をしているにも多く見られることが特徴的となっています。

テレビや雑誌などで取り上げられることもあるため、芸能人がうつ病を発症したことからうつ病について詳しく知るきっかけになった、という人も多いのではないでしょうか?

テレビではあんなに明るく振る舞っているのにうつ病だった過去があったなんて・・・と、驚いてしまうこともありますよね。

自分がうつ病であるという事実は、他人にはあまり言いにくいことですが、それは芸能人の場合も同じです。うつ病だった事実を話す人もいますし、時が経ってから「実はうつ病だった」と公表する人も見られています。

またはうつ病であることをひた隠しにしている人も多いので、実際にはうつ病を発症していたことがある芸能人は、私達が思っているより多いかもしれないのです。

芸能人という仕事は人前に出る仕事であるため、自分に対する期待やプレッシャーを感じることが一般人よりも多く、その分だけうつ病などの精神疾患にもかかりやすい状態になってしまうことがあります。

うつ病は性格的な問題から発症しやすいこともあるため、もともと真面目な性格の人やお人好しの性格の人、他人から物事を頼まれると断れず、どんな仕事でも引き受けてしまう人などは、うつ病にかかりやすいと見られています。

さらに芸能人の仕事というものは、誰彼構わず批判の声を受けることが多くありますよね。ちょっとした悪口からタチの悪い嫌がらせまで、程度は様々ですが、顔も名前も知らない人から受ける誹謗中傷は決して良いものではありません。

心ある批判の声であればしっかり受け止めて前に進むことができますが、何の根拠もない中傷を聞かされた場合はどうでしょうか?

芸能関係の仕事を続けていく上では、こうした批判や中傷は避けられない問題ではありますが、あまりに度が過ぎるものは人の心に大きな負担をかけてしまうことになります。

自分はこのままではいけないんだ、自分は必要とされていない人間なんだ、と考え込んでしまい、うつ病を発症してしまうケースも少なくありません。

中には芸能人として仕事を続けていくことができず、芸能関係の仕事をやめてしまう人もいますし、ひどい場合は自殺にまで追い込まれてしまうことも考えられます。

また、うつ病だけではなく「パニック障害」など他の精神疾患を発症する人も多く見られているため、何らかの精神疾患を経験したことがある芸能人は思っている以上に多いと見ることができます。

しかし、うつ病などの精神疾患は治療することができる病気です。症状を完治させて仕事を続けている芸能人もいますから、今うつ病に悩んでいる皆さんもゆっくり治療を続けていきましょう。

心に負担をかけすぎないで!うつ病を予防するために今できること

憂うつな気分になることは誰にでもあるものです。しかし憂うつな気分が長く続いたり、何をするにもやる気が出なかったり、不安やイライラ感が高まるなどの症状が現れるようになると、「うつ病」を発症している恐れが考えられます。

うつ病は精神疾患の一つで、心因的なものや脳内物質の不足などが原因となって発症する病気です。心因的なものとしてはストレスや環境の変化、脳内物質の不足には「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった物質の分泌が大きく関わっています。

人はストレスが溜まるとイライラしたり、落ち着きがなくなったり、やる気が低下したりすることがありますが、ほとんどの場合はストレスがなくなることですぐに解消していきます。

また、環境の変化についても時間が経つうちに慣れていくことで、心因的な不安や憂うつ感は薄れていくものです。

なので、ストレスや環境の変化がすべての人にうつ病を発症させるわけではないのですが、性格的な問題やセロトニンなどの脳内物質の不足と併合されることによって、うつ病の症状が引き起こされてしまうのです。

真面目な性格、お人好しな性格、几帳面な性格など、臨機応変に物事を進めたりすることが苦手な人や、人から物事を頼まれると断れない、という人はうつ病を発症しやすい性格と見られています。

いわゆる「完璧主義」の場合は、うつ病を発症しやすい状態となっているので、何事に対しても完璧を目指してしまうような場合はうつ病の発症に対して十分な注意が必要です。

うつ病は予防することができる病気ですので、まずは自分の心因的な負担を減らしていくことから始めてみると良いでしょう。

例えば、真面目な性格で仕事や勉強に対していつも完璧でなければならないと思っているとか、自分の仕事は自分でやり遂げなければならないから他人には頼めないとか、完璧主義の傾向がある場合は、自分自身の勉強や仕事量の負担を減らしたり、少し他人を頼ってみたりすることから始めてみてください。

何事も完璧にこなさなければ気が済まない、となると必要以上に心に負担をかけてしまうことになります。

頑張り過ぎもうつ病を発症する危険性が高まるので、適度に気を抜くこと、他人を信じて頼ることを心がけるようにすると、うつ病の発症を防ぐことができるようになります。

特に真面目で几帳面な性格と自分自身で感じている皆さんは、自分の性格について見つめ直してみると良いでしょう。

また、生活習慣の乱れもうつ病と深く関係しています。生活習慣が乱れると1日の生活を送るためのリズムが狂ってしまうことから、脳内物質の働きを弱めてしまう恐れがあります。

日頃から早寝早起きを心がける、バランスの良い食生活を送るなどして気をつけていくと良いでしょう。ウォーキングなどの適度な運動は脳内物質のセロトニンの分泌を活性化させることもできます。生活習慣をしっかり見直してうつ病を予防していきましょう。

1 2 3 >