うつ病 接し方

考えていることをしっかり認めてあげて、うつ病の人に対する接し方

人は誰かから「頑張って!」と言われると、やる気が出てきて「よし、頑張ろう」という気持ちになるものです。

他人からの応援が原動力となって、様々な物事にチャレンジしたり、諦めかけていたことに対しても打ち込めるようになったり、気分も明るくなっていきます。

しかし、うつ病を発症している人にとって「頑張って!」という言葉はとても辛く、重いものとなってしまいます。応援されて嬉しいと感じたり、もっと頑張るために行動を起こすことができず、憂うつ感や絶望感に襲われてしまうのです。

決して「頑張りたい」という気持ちがないわけではなく、「頑張りたくても頑張れない」状態になってしまうのがうつ病特有の症状として見られています。

そのような状態で他人から「頑張って!」と言われても、もうこれ以上どう頑張れば良いのか分からなくなってしまいますよね。

頑張っている人に対して「頑張って!」という言葉をかけても、今の段階で十分に頑張っているのですから、せっかくかけた言葉の力も薄れてしまうのです。

うつ病を発症している人は端から見ると、さぼっているとか怠けているとか、良い印象に見られないことがありますが、これはうつ病という病気が原因となって現れてしまっている症状なので、その人自身にさぼる気持ちや怠ける気持ちがあるわけではありません。

「うつ病」という事情を知らなければ気付かれない、ということは非常に辛い部分なのですが、こうした勘違いをこれ以上大きくしないためにも、周りにいる皆さん自身がうつ病に対してしっかり理解をしてあげることが大切です。

もちろんうつ病を発症している患者自身も、自分のうつ病の症状と向き合っていく必要がありますが、うつ病を一人で克服していくにはあまりに負担が大きすぎます。

一人きりで克服しようとすると今以上に症状が重くなる場合もありますし、他の精神疾患を併発してしまう恐れもあるので、うつ病を改善させるためには周りの人々の協力が不可欠となっているのです。

では、うつ病を発症している患者に対して、私達はどのような接し方をしていけば良いのでしょうか?うつ病の特徴としては、やはり憂うつ感や気分の落ち込みに心が支配されてしまっていることから、物事をポジティブに考えることができなくなってしまっています。

でもそこで「ポジティブに考えてみれば?」などというアドバイスをしても、うつ病を発症している人には逆効果です。

物事をポジティブに考えることができない自分を責めてしまうことになるので、アドバイスするのではなく、その人自身が考えていることを認めてあげるようにしましょう。

また、人によっては感情の起伏が激しく、気分に波が見られることもありますが、皆さんはその波に振り回されることなく冷静に接することが重要です。

あまり感情移入しすぎると、うつ病の人と付き合っていくことに疲れてしまうこともありますので、時には黙って見守るように心がけましょう。