双極性障害とは

気分の落ち込みと気分の高揚感が交互に現われる「双極性障害」とは

気分の落ち込みが激しい時と気分の高揚が激しい時がある、これが「双極性障害」の主な特徴になります。以前は「躁うつ病」とも呼ばれていた病気ですが、現在は双極性障害の名称で診断されています。

では、双極性障害とは一体どのような病気なのでしょうか?うつ病の一種ではあるのですが、一般的に知られている「単極性」のうつ病とは違って、気分が異常に高揚してしまう症状が現われることが特徴となっています。

単極性のうつ病の場合は、憂うつ感や気分の激しい落ち込みが現われることがほとんどで、基本的にはうつ状態になっていることが多く見られます。

しかし、双極性障害は気分の落ち込みと気分の高揚感が交互に繰り替えし現れることになるため、単極性のうつ病とはまた違ったタイプのうつ病となっています。

つまり、うつ状態と躁状態を繰り返してしまうわけですが、端から見ると単なる気まぐれな性格をしている人、と思われてしまうことも少なくありません。

単極性のうつ病である場合は、うつ状態に陥ることがほとんどなので自分自身でもうつ病を発症している自覚がある人は多く見られますし、病院でのうつ病治療も受けることができます。

もちろん双極性障害の場合もうつ状態になっている時はありますが、躁状態になっていると自分がうつ病であることを認めようとしないことがあります。躁状態になっていると気分が良く、身体の調子も良いので、うつ病を発症しているとうい自覚がないのです。

また、うつ状態になると自分が躁状態になっている時のことを思い出して塞ぎがちになる人もいますし、躁状態だった時のことを忘れてしまっているケースも見られています。

一般的に見られている躁状態の特徴としては、自尊心が大きくなって「自分は何でもできるんだ」と思うようになる、睡眠を取らなくても活動ができる、落ち着きがなくなる、活動量が増えるが破壊的衝動も強くなる、性欲が高まる、お金を一気にたくさん使うようになる、誰彼構わずしゃべったり電話をしたりする、話の内容が支離滅裂になるなど、様々な症状が見られるようになります。

こうした躁状態と気分が激しく落ち込むうつ状態を繰り返していく症状が現われるので、薬物療法で用いられる薬についても、単極性うつ病とはまた違った薬が使用されています。

単極性のうつ病には「抗うつ剤」を使用することが効果的とされていますが、双極性障害の場合は「気分安定薬」や「抗精神病薬」によって症状を落ち着かせていきます。

双極性障害にもうつ状態は引き起こるので、うつ状態を改善させることも必要なのですが、抗うつ剤を使用することによって躁状態の悪化する恐れがあるため、双極性障害の患者に抗うつ剤を使用場合は慎重に行なう必要があると考えられています。

双極性障害は気分安定薬によって再発を予防することもできるので、処方された薬を医師の指示に従って服用することから治療を始めていきましょう。