うつ病の芸能人

心ない批判や中傷・期待感が負担になることも、芸能人もかかるうつ病

心に大きな負担がかかることが原因となって発症する「うつ病」。負担となる要因は人それぞれですが、仕事に対するプレッシャー、人間関係のストレスなどが主に挙げられます。

また、うつ病は芸能人などの人前に立つことが多い仕事をしているにも多く見られることが特徴的となっています。

テレビや雑誌などで取り上げられることもあるため、芸能人がうつ病を発症したことからうつ病について詳しく知るきっかけになった、という人も多いのではないでしょうか?

テレビではあんなに明るく振る舞っているのにうつ病だった過去があったなんて・・・と、驚いてしまうこともありますよね。

自分がうつ病であるという事実は、他人にはあまり言いにくいことですが、それは芸能人の場合も同じです。うつ病だった事実を話す人もいますし、時が経ってから「実はうつ病だった」と公表する人も見られています。

またはうつ病であることをひた隠しにしている人も多いので、実際にはうつ病を発症していたことがある芸能人は、私達が思っているより多いかもしれないのです。

芸能人という仕事は人前に出る仕事であるため、自分に対する期待やプレッシャーを感じることが一般人よりも多く、その分だけうつ病などの精神疾患にもかかりやすい状態になってしまうことがあります。

うつ病は性格的な問題から発症しやすいこともあるため、もともと真面目な性格の人やお人好しの性格の人、他人から物事を頼まれると断れず、どんな仕事でも引き受けてしまう人などは、うつ病にかかりやすいと見られています。

さらに芸能人の仕事というものは、誰彼構わず批判の声を受けることが多くありますよね。ちょっとした悪口からタチの悪い嫌がらせまで、程度は様々ですが、顔も名前も知らない人から受ける誹謗中傷は決して良いものではありません。

心ある批判の声であればしっかり受け止めて前に進むことができますが、何の根拠もない中傷を聞かされた場合はどうでしょうか?

芸能関係の仕事を続けていく上では、こうした批判や中傷は避けられない問題ではありますが、あまりに度が過ぎるものは人の心に大きな負担をかけてしまうことになります。

自分はこのままではいけないんだ、自分は必要とされていない人間なんだ、と考え込んでしまい、うつ病を発症してしまうケースも少なくありません。

中には芸能人として仕事を続けていくことができず、芸能関係の仕事をやめてしまう人もいますし、ひどい場合は自殺にまで追い込まれてしまうことも考えられます。

また、うつ病だけではなく「パニック障害」など他の精神疾患を発症する人も多く見られているため、何らかの精神疾患を経験したことがある芸能人は思っている以上に多いと見ることができます。

しかし、うつ病などの精神疾患は治療することができる病気です。症状を完治させて仕事を続けている芸能人もいますから、今うつ病に悩んでいる皆さんもゆっくり治療を続けていきましょう。