仮面うつ病

身体的な症状に隠されている「仮面うつ病」早めに心療内科の受診を

うつ病の特徴として「憂うつ感」や「気分の落ち込み」などが挙げられますが、このような症状が現れないタイプのうつ病に「仮面うつ病」と呼ばれるうつ病があります。

うつ病の症状は隠されていることから、仮面うつ病と呼ばれており、主にうつ病の初期段階のことを指します。症状としては頭痛、胃の痛み、肩こり、排泄の異常、めまい、性欲低下、食欲不振、身体の倦怠感といった身体的な症状が代表的で、不眠の症状や動悸などが現われることもあります。

しかし、うつ病特有の気分の落ち込みなどは見られないため、自分がうつ病を発症していることに気付かない患者がほとんどです。

ただ疲れが溜まっているだけ、ちょっと休めば良くなる、と思っていても、その身体的な症状の裏にはうつ病が隠れていることも考えられるため、以上に挙げたような症状が長引く場合は早めに心療内科や精神科を受診することをおすすめします。

この他にも、仮面うつ病の特徴としては記憶力の低下や集中力の低下が挙げられます。

例えば、ずっと同じように仕事を続けてきたのにもかかわらず、最近集中力が落ちてきてしまったとか、今まで普通に覚えられていたことなのに記憶することが難しく感じるようになってきてしまったとか、自覚症状が見られる場合はすぐに医師に診てもらうようにしましょう。

仮面うつ病は放っておくと症状はどんどん進行していってしまいます。実際にうつ病を発症してしまうこともありますので、早めに対処をしておきましょう。

また、仮面うつ病はうつ病特有の憂うつ感などの症状が現れないため、身体的な面に問題があると考えてしまうことがほとんどです。実際に現われるのが頭痛や胃痛、食欲不振などの症状であるため、内科を受診することが普通ですよね。

しかし、仮面うつ病を発症していることが原因で現れている症状である場合は、内科を受診しても原因を探ることができず、適切な治療をすることができません。

実際に内科を受診しても異常はないと言われてしまい、体調不良の原因が見つからない、という人も少なくありません。

このように内科で原因が見つからない体調不良の場合には、仮面うつ病であることが考えられますので、心療内科や精神科を受診してみてください。

仮面うつ病も抗うつ剤などの薬物療法によって治療していくことができますし、早めに対処することで症状の進行を防ぐことができるようになります。

自分自身に自覚症状がある場合はもちろん、周りに仮面うつ病かもしれない友人や家族がいる場合も、早めの受診を勧めてみてください。

仮面うつ病を発症している人は何事も責任感が強く頑張ってしまうことがあるので、自分一人で辛さを抱えてしまいがちです。

うつ病の克服には人の力が必要です。周囲の人たちに「最近元気がないな」「最近ボーッとしていることが多くなったな」と感じることがあれば、どんな話でも良いので聞いてあげるようにしましょう。