新型うつ病とは

仕事はうつ・プライベートは元気、複雑な症状が現れる「新型うつ病」

従来型のうつ病は憂うつ感に襲われて気分が落ち込みがちになる、食欲不振になる、夜眠れなくて不眠の症状が現われる、自分自身にイライラして責めてしまう、死にたくなるなどの症状が見られることが特徴的でしたが、近年増加してきている「新型うつ病」の場合は、従来型のうつ病とは異なり少し複雑な症状が現れます。

新型うつ病は「現代型のうつ病」とも呼ばれ、20代や30代の若年層に見られるうつ病として知られるようになりました。

従来型のうつ病は働き盛りの年代が発症することが多かったのですが、新型うつ病はまだ会社に入りたての20代や、徐々に責任感を持たされるようになってくる30代を中心に見られることが大きな特徴です。

そして、新型うつ病はその症状もまた複雑なものとなっています。先ほども挙げたように、従来型のうつ病では憂うつ感・食欲不振・不眠・自責などの症状が主に見られるのですが、新型うつ病の場合全く逆の症状が現われるようになります。

例えば、憂うつ感が長期的に続く従来型のうつ病に対し、新型うつ病はうつ状態の場合とそうではない場合が交互に現れることが特徴的です。

躁状態とうつ状態を繰り返す「双極性障害」とも異なる症状なので、うつ病という自覚症状がない場合も珍しくありません。

新型うつ病は特に仕事の時はうつ状態になる、プライベートではうつ状態になることなく通常どおり元気な生活が送れる、といったような患者が多く、このようなことから「会社が嫌いなだけ」「仕事をさぼりたいだけ」「怠けているだけ」という印象を持たれてしまうことも少なくないのです。

誰でも会社に行きたくない、仕事をさぼりたい、と思うことはありますが、このような状態が長期化している場合は、新型うつ病を発症していることを疑った方が良いかもしれません。

また、新型うつ病の場合は怒りを自分に向けず、他人に向けることも特徴となっています。

従来型のうつ病では、悪いのは自分だと思い込み、自分を責めてしまう症状が見られていましたが、新型うつ病の場合は自分を責めるのではなく、他人や社会を責める傾向が強いと考えられています。

仕事ができないのは上司や先輩がしっかり教えてくれないからだ、こんな会社で働いているから自分はダメになったんだ、などといったように自分を責めずに他人を責める傾向が見られているのです。

従来型のうつ病には見られないため、性格的なものと捉えられてしまうこともありますが、何事に対しても他人や社会のせいにする傾向がある場合は、新型うつ病を発症している恐れが高いでしょう。

その他にも食欲不振ではなく食欲が旺盛になる、不眠ではなく眠りすぎてしまうなど、全く正反対の症状が現れることもありますし、夕方になるにつれて辛くなってくるという点も従来型のうつ病とは真逆の症状です。

新型うつ病は増加傾向にありますので、少しでもおかしいと思ったらすぐに医師に相談してみましょう。