パニック障害

強い不安や恐怖を感じる「パニック障害」はうつ病と併発することも

気持ちが沈みがちになる、わけもなくイライラする、食欲がなくなってきた、不眠の症状がある、死にたいと思うことがある・・・これらは「うつ病」の特徴的な症状です。

精神疾患の一つであるうつ病は、現代を生きる私達にとって非常に身近な病気となっています。そして、このようなうつ病と併発して起こりやすいのが「パニック障害」です。

パニック障害を発症してからうつ病を併発する人もいれば、うつ病を発症してからパニック障害の症状が起きる人もいるので、症状の発症段階は人それぞれですが、どちらも現代人に現れやすい精神疾患として知られています。

では、パニック障害とは具体的にはどのような症状が現われる病気なのでしょうか?ここからはパニック障害について詳しく見ていくことにしましょう。

パニック障害は、強い不安感や恐怖感に襲われ、めまいや動悸、手の震えやしびれなどの症状が併せて現れる精神疾患です。症状の始まりは何が原因となったわけではなく現われる「パニック発作」で、上記に挙げたような症状が現われます。

このような症状が一度現れると「また同じような状態になるのではないか」という不安感に襲われるようになり、初めて発作が起きた状況と同じ状況を体験することで再度発作が起きることから、繰り返し症状に悩まされることになります。

これは「予期不安」と呼ばれるもので、発作が起きることの恐怖感が不安として現れ、動悸やめまいといったパニック発作が起きてしまうのです。

また、パニック発作の症状が繰り返し長期的に続くと「広場恐怖症」が現れることも多く見られています。

「人がたくさん集まる場所で発作が起きたらどうしよう」「外出先で発作が起きて倒れてしまったらどうしよう」といったように、外で発作が起きてしまった場合のことを考えて不安を感じ、意識的に外出を避けてしまうことも少なくありません。

具体例としては、電車やバス、映画館や劇場といった閉鎖された空間が挙げられます。

パニック障害はひどい場合は外に一切出られなくなってしまうこともあるため、仕事もままならず、生活に様々な支障を来すこともあります。

発作が起きるたびに「自分は死んでしまうのではないか?」という恐怖に襲われることもあるので、発作自体への不安感や恐怖感を上手くコントロールしていくことが重要な治療となります。

もちろん、うつ病のように薬物療法も行なわれていますが、認知行動療法についてはうつ病以上に重要視されています。

中でも「暴露療法」と呼ばれる治療法では、不安や恐怖を感じる状況に自ら身を置くことで徐々に状況に慣れていくことで、パニック発作を克服していくことが可能となっています。

パニック障害もうつ病と同様に適切な治療を行なうことによって克服していくことができる病気ですので、医師や家族・友人など周囲の人々の力を借りながら、パニック発作が起こらないよう症状を改善させていきましょう。