うつ病になりやすい性格

真面目・几帳面・お人好し、性格から見るうつ病になりやすい人の傾向

突然ですが、皆さんは自分自身がどのような性格をしているか考えたことはあるでしょうか?真面目な性格、大雑把な性格、楽天家、几帳面、お人好し、頑固など性格は人それぞれ異なっているものです。

実はこうしたそれぞれの性格も、うつ病の発症に関わっていることが考えられています。ここでは性格から見るうつ病になりやすい人の傾向を見ていくことにしましょう。

まず、うつ病になりにくい人としては、上で挙げた中で見てみると大雑把な性格や楽天家など、比較的ポジティブ思考が高い人が挙げられます。

その他にも臨機応変に物事に取り組めるとか、他人の目を気にしすぎないとか、「人は人、自分は自分」といった思考を持っている人の場合は、うつ病になりにくいと考えられています。

必ずしもうつ病を発症しない、というわけではありませんが、こうした性格の人は物事を極端にネガティブに捉えることが少ないため、心因的な負担も少ないのです。

うつ病が発症する原因にはストレスなど心因的な問題が大きく関わっていますので、物事の捉え方次第で心にかかる負担をあらかじめ少なく止めておくことができる、つまりうつ病を発症しにくい傾向がある、というわけです。

では、反対にうつ病になりやすい人はどのような性格である場合が多いのでしょうか?うつ病になりやすい傾向がある性格としてまず挙げられるのは、真面目で几帳面な性格の人です。

真面目で几帳面な性格をしている人は何事に対しても完璧を目指してしまいがちです。勉強にしても仕事にしても、自分がこうと決めたらしっかりやり遂げる、という非常に情熱のある性格なのですが、度が過ぎてしまうと心には大きな負担がかかってしまいます。

物事に対して楽しみながら取り組めればまだ負担は軽くなるのですが、自分が嫌だと思うことでも完璧を目指してしまう、人から言われたことは断れないなど、勉強や仕事のみならず、普段の生活を送っていく上でも自分で心因的な負担を増やしてしまっていることが考えられます。

その他にも、物事を臨機応変に考えられずついつい頑固になってしまう人、どんな人に対しても優しくお人好しな人、ちょっとしたことでも他人の目が気になってしまう人、自分の仕事を他人に任せることができない人など、うつ病になりやすい人にはこのような性格が多く見られています。

やはり、うつ病になりにくい人と正反対の性格であることが特徴なので、うつ病を予防するためには自分自身で性格を見つめ直していくことが大切です。

「うつ病になりやすいかも・・・」と思ったら、自分が今どのようなことが辛いか、どのようなことをしたくないか、よく考えてみるようにしましょう。

性格はすぐに直せるものではありませんが、性格を見つめ直すことで気持ちを楽にしていくことはできます。勉強や仕事に対して真面目すぎる人は適度に手を抜くなど、まずは心の負担を軽くすることから始めてみてください。