うつ病のセルフチェック

早めの段階で症状に気付くことが大切、うつ病のセルフチェック

「うつ病」は様々ある精神疾患の一つです。パニック障害などと併発することもありますし、うつ病を発症することによって普段の生活にも様々な影響が及ぶようになります。

発症の原因としては、主に心因的な問題と脳内物質の不足などが挙げられ、薬物療法や認知行動療法によって治療をしていくことで症状を改善させていくことができます。

うつ病は治らない病気ではありませんので、自分の症状としっかりと向き合い、適切な治療を続けていくことが大切です。そこで、まずはうつ病の症状に早めに気付くことが必要となります。

うつ病は早めに対処することで軽度の状態で済みますから、ここではうつ病の疑いがある様々な症状について見ていきたいと思います。

症状をチェックすることでうつ病の症状に早く気付くことができるので、自分だけではなく、家族や友人など周りの人にも同じような症状が現れている場合はよく見てあげるようにしてください。

うつ病の疑いが感じられる症状には、主に心因的な症状と身体的な症状とに分けることができます。まずは心因的な症状ですが、うつ病特有の症状の一つに、憂うつ感や不安感が挙げられます。

何をしても楽しくない、勉強や仕事に対するやる気が出ないなど、常に憂うつ感がつきまとうようになってしまっている場合は、うつ病を発症している疑いが高く見られます。

もちろん、誰でも憂うつな気持ちになることはありますが、うつ病の場合はこの憂うつ感が2週間以上と長期に渡って見られることが特徴的となっています。

1日や2日程度などちょっとした気分の落ち込みは誰しも経験があるものですので、そのような場合はうつ病を発症している恐れは少ないでしょう。

憂うつ感が長く続いているようであれば、一度心療内科などで診てもらうことをおすすめします。

その他にも心因的な症状としては、なんとなくイライラする、集中力がなくなる、死にたい・自分なんて必要のない人間なんだと思うようになるなどの症状が挙げられますが、このような症状が長く続くような場合もうつ病を疑ってみた方が良いでしょう。

ちょっとしたイライラや集中力の低下は、ストレスなどが関係していることもあるので、ストレスを解消することで症状が緩和されることもありますが、うつ病を発症している場合はストレスを発散するための楽しみに対しても「楽しい」とか「おもしろい」と感じられなくなってしまいます。

早めの段階で気付くことが大切なので、家族や友人にこのような症状が見られる場合にも早めに医師に診せるようにしてください。

そして、身体的な症状としては食欲不振、睡眠障害、性欲が落ちる、頭が痛くなるなどの症状が主に挙げられます。

朝早く目が覚めてしまう、夜になると眠れなくなる、食べることに対して興味がなくなる、身体がだるく倦怠感が続くような場合も、うつ病の症状の一つと見られることがありますので、身体的な症状の変化にもよく注意しておくようにしましょう。