NG

知っておこう!うつ病患者に言ってはいけない5つの『NGワード』

うつ病にかかると、普段以上に他人の目が気になり、人の言葉に過敏になります。
何気なく言われた一言にひどく落ちこんで心を閉ざし、場合によってはそれをきっかけに死を考えてしまうことも……。
そんなことにならないよう、過剰なほど繊細になってしまううつ病患者と会話する時に、これは避けておきたいと思われるNGワードを5つ、ご紹介します。

(NGワードその1『うつは甘え』)
『うつは甘え』そういう考え方の人が一定数いることは、患者もよくわかっています。
ですが面と向かって言われてしまったら、患者のショックは計り知れないもの。
そもそもうつ病の人は、甘えたり他人に頼ることが得意ではありません。甘えたり頼ったりできるなら、うつ病にはなっていないでしょう。
誰にも言えず一人で抱え込んだ結果、脳内物質がトラブルを起こすなどして病気になってしまうのです。
体の病気は甘えですか? 違いますよね。心の病気だってそれと同じです。

(NGワードその2『がんばれ』)
よく言われる『うつにがんばれは禁句』ですが、それは事実です。
うつ病の人は一人で頑張りすぎた果てに病気になり、これ以上頑張りたくても頑張れない状態にあります。
これまでさんざん頑張って倒れた人にさらに『頑張れ』とはあまりに酷な話です。
患者は自責の念が強くなっており、頑張れない自分を責めてしまう傾向にあります。
それがさらに強い自責を呼び、『頑張れない自分はいないほうがいい』と死に向かっていくことだってありえます。
あなたは励ましのつもりでも逆効果となるので要注意です。

(NGワードその3『誰だって辛い』)
うつ病の人に共感を示すために『誰だって辛い』などと言う方がいますが、これはうつ病患者にとってNGな共感の仕方。
『誰だって』辛いということは、みんなは辛くても仕事に行ったりしてるのに、自分だけがそうできないんだ……と患者を追い込む形になってしまいます。
理解を示したつもりの言葉が、患者の心を閉ざしてしまう残念な結果となることが多々あるので注意しましょう。

(NGワードその4『気の持ちようだ』)
『気の持ちよう』……確かにちょっとした気分の落ち込みの場合は、そうかもしれません。
ですが何度も言いますが、うつ病は病気です。気持ちひとつで元気になれるかというとそんなことはありません。
脳内物質のトラブルを気持ちでどうにかできるなら、精神科医も病院もいりませんよね。
体の持病を抱える人に『気合で治せ』と無茶を言っているのと同じです。
そして、『自分の気合が足りないから病気が治らないんだ』などと患者に思わせ、追い詰めてしまいます。

(NGワードその5『どうして~しないの?』)
『どうして会社に行かないの?』『どうして家事ができないの?』『どうして外に出ないの?』……うつ病の患者の『できない』は、健常な人から見ると理解しがたい部分もあるでしょう。
しかし質問の形で相手を責め立てるのは、どうかやめてあげてください。
『どうして』と問われても、とにかく体が動かない、うつだからとしか答えようがありません。
またこのような質問をする人は、根底に『ただのわがままでは』という考えが根強いことが多く、患者がどうにか返答しても『それは甘え』などと他のNGワードを続けてしまうケースが多々あります。
まず、うつ病は自力でどうにかできるような気の迷いなどではなく、病気であることを理解してあげてください。

(全ての言葉を否定的に捉えがちなうつ病)
うつ病にかかると、様々な事柄への考え方や受け取り方がネガティブになり、患者は自分自身に対して否定的になりがちです。
ですから、普段はなんでもない叱咤激励が、『できない自分』を責め立てているような気持ちに陥り、余計に落ち込んでしまうのです。
うつ病の人と話をする時大切なのは『むやみに励まさない』『相手を否定しない』に尽きます。
そして相手を落ち込ませてしまった場合、『そういうつもりじゃなかったんだ』『病気のことよくわからなくてごめん』と伝えること。
まずは、こちらからあれこれと話をするよりも、相手の話を聞くことが大切と言えるでしょう。
普段人に接する時より優しさ多目で接してあげてくださいね。