うつ病は病院で治るのか

精神科か心療内科 うつ病は通いやすい病院を選ぶべし

怪我をしたように血が出ているわけでもなく、鼻水や咳が出ているわけでもない、うつ病とはどんな病院、どんな科にかかればいいのか、よくわからないという話を聞きます。漠然と、精神科や心療内科、神経科?…などそれらしい名前は挙げられるかもしれませんが、どれも似たような感じがします。どこが適切なのでしょう。

当然、これらの科は違いがあって然るべきであり、うつ病は、精神科が専門となります。うつ状態や軽いうつ病であれば、心療内科で扱うところもありますが、重度のうつ病になると精神科を紹介されることが多いようです。

最近は、便利さや迷いを無くするようにするため、精神科と心療内科とで区別していない病院もあるようですから、最初は、とりあえずどちらにかかっても問題ないでしょう。最初にかかった病院で適切なアドバイスをしてくれます。ここで、神経内科は、一見それらしいですが、うつ病を扱ってはいないので注意が必要です。

また、病院の規模ですが、いろいろな考え方があると思いますが、大型病院よりも診療所やクリニックという看板をあげている病院をおすすめします。やはり、小さければ丁寧できめ細かい対応をしやすいのです。患者さんの数が多くなりにくいため、一人ひとりの患者さんの顔が見えやすいからです。大型病院は医師の勤務日が曜日ごと異なっていたり、非常勤医師であったりと、患者にとっては不都合が多いでしょう、また、大型病院のように研修医などが見学に来ることも少ないので余計な心配は不要です。

具体的な病院選びですが、いまではインターネットで有名な病院などを検索しやすくなりました。しかし、安易にそれら情報を信用することは危険かもしれません。通いやすく負担をかけないためには、まず、近所の病院にかかってみることです。やはり、うつ病の治療は継続することが重要ですから、通いやすい近くの病院が適しているでしょう