近しい

身近な人が知っておくべき、うつ病本人ができること

「うつ病の最大の薬は、休むこと」。

うつ病の専門家は上のように述べて、休息の重要性を強調しました。そうなんです、うつ病の治療で一番効果があるのは休息なのです。というのは、うつ病とは、精神疲労の蓄積によるものですから、その疲労を取り除くために休息は必須なのです。

しかし、そのことを本人はもちろんのこと、身近な人も知っていることが大切です。うつ病の人がうつ病だと知らないと、見た目だけはただの「怠け者」ですからね。身近なあなたもうつ病のこと、うつ病本人の状態をよく知って上げて下さい。

では、うつ病のため療養している期間、して良いことと良くないことは一体何でしょうか?以下、ご紹介したいと思います。

《休息、休息、さらに休息》

少し上述しましたが、うつ病に必要なのは休息です。とにかく心身ともに休める環境を整えましょう。「じゃあ、疲れを癒すのに新しい趣味でも始めるか!?」。これは間違いです。うつ病の原因の一つは環境の変化ですから、何か新しいことを始めると、その変化が大きなストレスになり、心を休めることができないのです。ですから、未知の領域には足を踏み入れないことがポイントです。

《頑張らなくて良いのです》

何も知らない人から見ると「怠け者」に見えてしまううつ病。しかし、人の目は気にしなくて良いのです。今は決して頑張らなくて良いのです。思う存分休んで下さい。きっとうつ病を患うほどに、なすべき務めをこなしてきたのでしょう。その分、今はゆっくり休んで下さい。もしあなたが本人の身近な人なら、本人を十二分に休ませてあげて下さいね。

《病院に行って早期回復!》

うつ病になりやすい人の一つの特徴は、「強がっている人」です。強がっているというのは、本当は弱いのに強がっているということではなく、心身の疲労を無視して自分の弱さを認めないことです。

人は誰でも弱さがあり、誰でもうつ病になる危険があります。ですから、うつ病になったことは異常ではなく、ある意味「正常」だと考えて下さい。しかし、このうつ病から早く回復したいのなら、なるべく早く病院に行って診察してもらうことが肝心です。

病院にいるうつ病専門の先生は、治療法を熟知しています。症状によっては睡眠導入剤や精神安定剤などの薬を処方してくれる場合もあるでしょう。そうした薬物療法を受けることによって症状がだいぶ和らぐことが多々ありますから、本人の身体的・精神的にかなり楽になるはずです。

《時間と忍耐が必要》

心の病気は身体的な病気と違って、回復するまで相対的に時間がかかります。本人も身近にいる人も忍耐が求められるでしょう。しかし、決してあきらめないで下さい。バランスを保ちつつ辛抱して療養するなら回復できるはずです。その希望を持ち続けることも、大切な「薬」となるでしょう。