うつ病の治療

うつ病の治療 十分な休養、薬の服用でとにかく疲労から遠ざけること

うつ病は、「心の風邪」と一般的な風邪に例えて言われるように、その症状は、日常生活でありがちな普段の状態とあまり変わらないためわかり難い病気です。精神、気持ちの上で症状に現れるものとしては、気分が落ち込む、悲しい、不安である、朝の気分が悪い、イライラする、感情が抑えられない、感情がわかない、自殺を考えるなどがあります。

また、思考的な部分での症状として、考えがまとまらない、集中できない、動くことがつらい、何においても自分が悪いと思ったり、人にそう思われていると感じる、劣等感、悲観的に考える、不幸だと感じるなどがあります。身体に現れる症状もあり、睡眠障害や手足のしびれ、めまい、肩こり、吐き気などの症状もうつ病の症状としてあげられます。

このようにうつ病の症状は非常に多岐に亘るため、どのような治療法が適しているのかは、一見、非常にわかりにくいと思われるかもしれませんが、少なくともうつ病は治る病気です。うつ病に対する理解と適切な治療法を用いることで治すことができるのです。

治療にあたっては、まず、その原因がどこにあるのかを理解しなければいけません。うつ病の原因は「精神的な疲労の集中と蓄積」ということになります。つまり、いろいろな症状で現れますが、その原因は精神的なもの、脳にあるということです。

症状が多岐に亘るため、その症状やその人の性格などにより治療法は様々になると思われますが、一般的な部分でいう治療は、抗うつ薬を主として薬物治療が主体となります。ただし、あくまで精神的な病気であるため、診察の所見や治療方針、薬のことなどについてきちんと納得できるように説明をしてくれ、その説明もうつ病患者に適切なものであるなど、信頼できる医師にかかることが非常に重要になります。

また、うつ病の治療としては、うつ病は「精神的な疲労の集中と蓄積」ということから、十分な休養をとり心身ともに回復させなければいけません。心、頭の中でゆとりができるように、仕事のペースを落としたり、休暇を取ったりすることは大変重要です。

このように、薬物治療以外の部分になると、日常生活の環境に深くかかわるところですから、周囲の理解と協力が必要になります。特に、家族の理解と協力はとても大切です。会社に出勤しながらの治療となれば、同僚や職場の理解と協力が必要になります。いずれにしても、身近にいる家族がリードしてあげることが必要になります。