普通

うつの人は普通の生活をしてはいけない?うつへの偏見のあり方

偏見は社会の中でなくしていけなければいけないものです。偏見があるために苦しい思いをしてしまう人もいます。どのようなものでも偏見があるように、うつ病に関しても偏見は出てきてしまいます。それだけ注目をされていることと言えますが、時にその偏見が大きくなりすぎてしまい、中傷になってしまうことすらあります。

うつ病の症状の中で何もする気が起きないということがありますが、これに対しての偏見がうつ病の中では大きなものになっています。何もする気が起きないという言葉を素直に受け入れ、言葉どおりの意味にとってしまうと、うつ病の人が普通の生活をしていると、それはうつ病ではないという偏見が生まれてしまうこともあります。

うつの人が普通の生活をしていることに酷く大きな疑問を持ってしまう人もいるものです。確かに何もする気が起きないという言葉からは、普通の生活というものは連想しづらいことがあるかもしれません。しかし本当にそうである場合、うつ病の中でも重症であり、入院などが必要になることになります。全てのうつの人がそうであることはありません。むしろ社会全体ではそうならないように注意しなければいけないという流れになっています。

そのためうつの人でも当然普通の生活をして良いことになります。やっと普通の生活ができるようになってきたという人もいるはずです。そのようなところでうつの症状への偏見が大きな壁になってしまってはいけないことになります。

一般的に知られているうつの症状は、誰にでもイメージがしやすいように、またわかりやすいように簡略化された説明になっていることが多いです。わかりやすさを重視している情報ほどかなり極端な表現になっていることが多いと言えます。それらの情報はあくまでも一般的にイメージがしやすいように操作された情報であり、全てがその形に当てはまる事にはなりません。

何もする気が起きないと言う言葉であっても、本当に何もする気が起きない人もいれば、特定のことや、特定の時間になるとやる気などが落ちてしまうという場合もあります。特定の場合であっても、それは症状の一つであり、対処していくことが必要です。たとえうつ病でないとしても、やる気が落ちてしまっている時に適切な対処ができることは大きなメリットがあることになります。症状にとらわれすぎないように注意が必要です。うつに関わりがある人は特に注意が必要になってくるでしょう。