擬態うつ病について

擬態うつ病は偽物うつ病 うつ病を知ってしまったことで思い込む

うつ病にも、その症状や性質によっていろいろな種類のうつ病がありますが、ひとつうつ病と呼ぶものの、「うつ病」ではないうつ病があります。それは、「擬態うつ病」というもので、言葉自体は造語である「偽物のうつ病」ですが、最近は非常に多いそうです。

この擬態うつ病、うつ病に良くみられる症状としてはあります「うつ病」ではないのです。自分はうつ病だと思い込み、周囲の人には自分がうつ病だから優しく接してほしいという態度や言動をする特徴があります。精神的、心に問題があるといってもいいかもしれません。一時的な精神的な問題が擬態うつ病かもしれません。

このような状態を日常的に普通に長いこと続けていることをみると、決して正常ではなく、病的な状態といってもいいかもしれません。しかし、「うつ病」とは言えないのです。症状や本人の言動から、本来のうつ病と勘違いしやすいところはありますが、しかし、本来のうつ病を十分に理解できていれば、「擬態うつ病」と「うつ病」との見分け案外容易です。

「うつ病」というは、とにかく自分を本気で責めます。全く自分に甘くないのです。「自分が悪いのではないか」「嫌われているのではないか」「このままでいいのだろうか」「人に迷惑をかけているのではないか」と常に思っています。つまり、自分はうつ病だから、と周囲に優しくしてほしいなんて言わないのです。全く逆なのです。

最近、擬態うつ病の人は増えているようです。インターネットの普及で本来のうつ病のことを詳しく知った多くの人が、何か近い症状があると「うつ病ではないか」と思ってしまうためです。しかし、「うつ病」であるなら的確なうつ病の治療をしなければいけませんし、そうでなければ、それ相応の的確な治療を受けなければいけませんので、正しく医師の診察を受けることが大切です。

「偽物のうつ病」と言ってしまうと非常に悪いイメージですが、うつ病ではない、ということであって心の病には違いありません。