ハードル

うつ病治療最大のハードル!?うつを理解しない家族と付き合う方法

本人はとても苦しいのに、周囲になかなか理解されない……甘えだと言われてしまう。
うつ病はまだまだ一般的にその苦しさが理解されづらい病気だと思います。
それはあなたの友人、職場の人だけでなく、家族にも言えること。実際、家族の理解をなかなか得られず、そのことが大いにストレスとなっている患者はたくさんいます。
ではそんな家族にうつ病のことを理解してもらうにはどうしたらよいのでしょう。
理解してくれない家族とどう接したらよいでしょう。
私自身の体験から、お話したいと思います。

(家族の理解を得られないことで起きる弊害)
家族にうつ病を理解してもらえないことは、治療の上で様々な弊害があります。
ある意味、うつ病治療において最大のハードルともいえるでしょう。
まず、あなたが未成年の場合、家族の理解が得られなければ通院そのものが困難となり、適切な治療が受けられない可能性があります。
そしてたとえ成人していても、家族が通院にいい顔をしなかったり、『甘えてる』『怠けている』などの無理解からくる言葉をかけられたり、仕事をなかなか辞められない、退職しての自宅療養が落ち着いてできないなど、多くの困難があります。
本来家庭というのは最も落ち着ける場所であり、家族は一番信用できる相手であるはずなのですが、無理解によりその法則が崩れ、家庭内にいることでさらにうつが悪化してしまうこともあります。

(まずは自分で家族に伝える)
ただ黙っていても、家族にあなたの辛さは伝わりません。
まずは自分の言葉で、あなた自身の状況や辛さなどを伝えてみてください。
ただ淡々と話すだけでなく、感情を爆発させてしまっても構いません。話すことで感情がこみ上げて号泣してしまっても、あなたの言葉でまず伝えるということは大切です。
そして、ここで家族に理解を得られなければ、おそらくあなた一人の力で理解してもらうのは難しいと思います。

(主治医に説明してもらう)
自分の言葉で伝えても理解してもらえなかった場合、主治医に協力を得ることを考えてみましょう。
半ば強引でもいいので、通院時に家族に一緒に来てもらい、診察の際主治医の説明を聞いてもらうのです。
家族の無理解は治療に大きな支障をきたすため、主治医に相談して家族への説明をお願いすれば、断られることはおそらくありません。
むしろ、病気の説明を家族にすることを渋るような医師の場合、転院を考えたほうが良いかもしれません。
最大の問題はどう言って家族に来てもらうか。場所が心療内科や精神科というだけで、行くのを嫌がる人もいます。
通院そのものに否定的な場合は、付き添ってもらうのは非常に困難でしょう。
『自分がどういう所に通ってるか見て確認して欲しい』などと理由をつけて、付き添ってもらえるよう試みましょう。
ここでも駄目なら、さらに協力者を求めることになってきます。

(『家族が信用している人』に説明をお願いする)
あなた自身の信頼をおいている、それでいてあなたの家族からも厚い信頼を寄せられている第三者にまず理解してもらい、その人から家族へ説明してもらうという手段もあります。
特に家族の反対などで通院が困難な場合は、医師による説得は難しいでしょうから、この手段を使うことになるかと思います。
親戚、祖父母など、特にあなたの両親と深く関わりのある人が有効です。まずは外堀から埋めていく形ですね。
あなたの家族が無理解だからといって、親戚や祖父母なども無理解であると決めるけるのは早計です。
もしかしたら、親戚にうつ病の苦しみを知っている人がいるかもしれません。
最後まで望みは捨てずに、第三者に協力を求めることも大事なことです。
まずは信用のおける親族に、『相談したいことがあるんだけど……』と切り出してみて下さい。

(誰の協力も得られない!そんな時は家族以外に理解者をつくる)
親族へ相談してみたけどだめだった、結局家族に理解してもらうことは難しそうだ……ある程度の手を尽くしても家族の理解を得ることが難しい場合は、それに固執せず一度引きましょう。
ですが周囲に誰も理解者がいない状況は、本人にとってかなり辛いもの。
そんな時はあなたの友人、知人など、あなた自身の交友関係の中で理解者を作りましょう。
勇気のいることですが、まずはあなたの状況を深刻になりすぎないようにしながら話すこと。
黙って膝を抱えたまま『誰もわかってくれない……』と嘆いても、周囲はあなたの心が読めるわけではありません。
まずは知ってもらう勇気を持つことと、知ってもらうための行動を起こすこと。
うつで動けないのに……と思う方は、『よし、通院しよう』と決意した瞬間、職場に退職や休職の意思を伝えた瞬間など、自分が最近した大きな決断の瞬間を思い出してみてください。
それを思い出しながらもう一歩、踏み出してみましょう。

(理解しない家族は『そういう人』だとこちらから理解する)
家族の理解をどうしても得られなかった場合、それに固執しすぎることはよくありません。
固執することでだんだん『家族に理解してもらうこと』を『課せられた義務』だと思い込み、それができない自分は駄目な人間だと、自分で自分を追い詰める原因となってしまいます。
冷たいようですが、こちらからどんなに歩み寄っても理解してくれない家族は、その件に関してすっぱりと切り捨てましょう。
そして、あなた自身が家族のことを『この人たちは、うつを理解できない人たちなのだ』と理解し納得することが、非常に重要となってきます。
例えばはさみを渡されて、『これで流れる水を二等分にして下さい』と言われても、できないでしょう? それと同じ、もともとそれができない存在なのだと理解すれば、家族の無理解に対する悲しみの量を減らせます。
ですが浴びせられる言葉などはやはりつらいですよね。
そこで溜まったストレスは、あなた自身の理解者や主治医に聞いてもらうなどして発散していきましょう。