非定型うつ病とは

うつ病はひとつだけじゃない 真逆の症状現る非定型うつ病にも注意

「うつ病」とは、気分が落ち込んだまま気力が無く、日常生活が正常に遅れないほどになる心の病気です。気分の症状にはじまり、身体的な症状や思考の上での症状が出ます。つまり、うつ病の症状としては、決まりきっていないため、なかなか気づきにくい特徴があります。

「うつ病」には、典型的なものと非定型のものがあります。典型的なうつ病は「メンコラリー型」と呼ばれ、嬉しいことがあっても気分は落ち込んだまま、食欲や性欲が無い、眠れない、自分を責めてしまう、集中できない、考えがまとまらないなどの症状です。

一方、非定型うつ病というものがありますが、これは、特に症状に気付きにくいものになります。嬉しいことがあると気分が極端に良くなるなど感情が反応的、過食による体重増加、10時間以上寝てしまうなど寝すぎる、疲労感が重い、他の人の批判に過敏になり、一言が非常に気になる、それにより気分が落ち込みやすい、夕方から夜になると気分が落ち込み泣いてしまうことがある、などの症状があります。

典型的なうつ病と比べると、感情の反応や食欲、睡眠が全く逆の症状になのです。20代~30代の女性に多く、パニック障害も併発することもあります。

前述したように、他の人の批判に過敏になることから、親密な人間関係を気付けなくなったり、人間関係に気を使いすぎてしまうといった日常生活の支障が考えられます。

非定型のうつ病は、対処法も典型的なうつ病とは正反対です。典型的なうつ病では休養が第一といわれますが、非定型では毎日昼間は目的を持った活動が重要となります。規則正しい生活で生体リズムを整えること、毎日目標をもって過ごす、掃除などで整理整頓に心掛ける、体調が良ければ汗を流す軽い運動などをする、といったことが重要となります。

典型的なうつ病か、非定型のうつ病かを適正に見極めることは難しいかもしれませんが、この見極めは、その人の早期回復に大変重要なことです。うつ病における基礎的な知識を理解するとともに、カウンセリングや専門医に診てもらい適正な見極めをすることが重要となります。