一人

一人の決断は危険!?自分ひとりで決断しない事も大切になる

うつ病の症状を抱えて、自分のことを冷静に判断できなくなってしまっているとき、または大きく自信を喪失してしまった時、意外とそれまで築き上げてきたものを簡単に壊してしまうこともあります。その時は良かったと思えるようなことでも後で後悔をして、さらに落ち込んでしまうということもあります。

その場の環境を思いきって変えてしまうことで、良い傾向が見られる事もあるので、うつ病の人の判断の全てが間違っていることにはなりません。それまで抱えていた重荷を下ろしてしまうことができる場合もあります。

しかし、大きな決断になるような時には誰かに相談をしておき、一人での決断を避けておいた方がよいこともあります。例として職場を離れる時や、何かを買おうとするとき、また病院などに行こうと思っているときです。

病院などに行こうと思っているときなどは比較的自発的に行動してしまっても大きな問題が起こることは少ないですが、仕事を辞めるなどを考える時に、うつの状態で自分ひとりで決断をしてしまうと、後悔の元になってしまうことがあります。

自分に自信がなくなってしまい、要らない人間だと思ってしまうことで、逆に辞めるための行動力が強くなってしまうこともありますが、一時的にしっかりと休むなど、他の手段は多くあることになります。ただ、自信がなくなっている状態で多くの手段を検討していくというのはなかなか難しく、簡単にできることではないと言えるでしょう。

そのため大きな決断を必要とするときには誰かに相談をして決めていった方が無難と言えます。そのような余裕がない場合は、医療機関などに行って仕事の話や自分自身の話をしてしまうという手もあります。

うつ病に対しての理解が広くなってきている現代では、うつ病に対して対策を考えることをしている会社、企業も多くあります。精神的な健康を重要視するようにもなってきています。相談を受付ける専門的な場所が備わるようにもなってきています。先ず最初にそのような場所に相談してみるというのも有効的な手段となっていきます。

自分ひとりの力でどうしようもできないことも、相談をすることで思わぬ解決策が見つかることもあります。意外と視野が狭くなってしまい、簡単な答えにも気付けなくなってしまうものです。これはうつの人に限ったことではなく、焦っている人や追い込まれている人にも言えることになります。誰かに相談をすることは視野を広くするための手段とも言えます。