イライラ

うつなあなたにも今すぐできる!超簡単なイライラ不安解消法!

落ち込み、イライラ……うつ病になる以前から、『ストレス解消したほうがいいよ』と言われてもどうしていいのかわからない、そんな方っていませんか?
ストレス解消には体を動かしたり趣味を楽しんだり、様々な方法がありますが、うつ病の人は動くのも億劫だったり、これまで楽しめていたことが楽しくなくなってしまったりで、そうした行為はなかなか難しいのが現状だったりしますよね。
今回は、そんなあなたにも今すぐできる、超簡単なストレス解消の方法をこっそりお教えします。

(用意するものは筆記用具とごみ箱、ただそれだけ!)
まず、筆記用具を用意します。
紙はチラシの裏でも、使い終わったティッシュの箱を解体してひっくり返しても、ノートの切れ端でも、いらない白紙なら何だって構いません。たくさん書けるよう、広めのほうがいいかもしれませんね。
書くものは選んだ紙にあわせて、鉛筆でもマジックでもボールペンでも好きなもので大丈夫。
ゴミ箱は普段あなたが使っているものをそのままそばに持ってきておきましょう。

(そしてひたすら書く!書く!書く!)
準備できたら、あとは用意した紙にひたすらひたすら、自分の心の不安や不満を書き殴っていきましょう!
最初の一文字を書き始めるのは難しいかもしれませんが、ただひとことぽつりと『むかつく』など、単純な言葉でもいいので書いてみてください。
小さなきっかけの言葉がつくれたらあとは気持ちが溢れてくるはず。
同じ言葉や文字の繰り返しでも構いません。
自分の嫌なこと、不安なことを心の上に浮かべながら『もうやだ、もうやだ』と羅列していくだけでも、具体的な内容を書いても、とにかくあなたの心のままに。
大切なのは『自分にとってストレスになっているもの』を『吐き出す』ように勢いだけで書き殴ること。
気が済むまでいくらでも書いてください。ただ無心に、我を忘れたようになっても、目の前の紙が真っ黒になっても、あなたが『もういいや』と思えるまで書き続けましょう。

(吐き出したものはビリビリにしてポイしよう!)
気が済むまで書き殴ったら、あなたの目の前にはその残骸があるはずです。
ここからがとても大事。書き終わったその紙を、今度は気が済むまで手でビリビリに破っていきます。
この時、はさみやカッターなどを使わず、必ず自分の手だけで破りましょう。
好きなだけ破ってしまったら、あとはごみ箱にポイっと捨てるだけ。
どうですか? 破っている最中やごみ箱に捨てた瞬間、胸の中のドロドロがすっきりしたように感じませんでしたか?

(手書きに不慣れなあなたはパソコンでも!)
これだけパソコンや携帯電話が普及した今では、手書きは不慣れで……という方もきっといるでしょう。
そんなあなたはパソコンでやっても大丈夫。
紙のかわりにメモ帳など文字の書けるソフトを立ち上げ、そこにひたすら文字を打ち込んでいくだけ。
変換がおかしくなろうが知ったことじゃない、という気持ちでただただ心のままにキーボードを叩いて心の中を吐き出して下さい。
気が済むまでそうしたら、すべての文字を選択してデリートボタンで消去一発!
この時、マウスではなくショートカットで一気に全て選択して消したほうが効果があります。
ここでうっかりファイルを保存してはいけません。あなたの心にストレスを保存してしまうことになりますからね。

(どうしてこんなことでストレス解消できるの?)
ところで何故、こんな単純な行為でストレス解消できるのでしょう。
それは、これが自分の中のストレスを文字というわかりやすい形で目の前に出して、それを自分で破壊して、捨てる行為だからです。
ストレスの原因を思い浮かべながらその気持ちを文字にすることで、自分の心のイライラや不安と、その原因の因果関係をはっきり自覚し、その上で吐き出してわかりやすい形で捨てていく。
簡単に言うと、自分の部屋の押入れからいらないものを自分で出して、ごみ箱に入れるのと同じこと。
はさみやカッターを使わないで手で破るのは、間接的な道具をはさむと『自分で壊せた』爽快感が半減するのと、人によってはそのまま自傷などの行為に走ってしまうことを予防するためです。
自分はそんなことはしないと思っても、心に負担がかかっているときは、どんなきっかけでそうした行為に走ってしまうかわかりませんからね。

書いて、壊して、捨てるだけ。
誰にも迷惑はかけないし、誰かを傷つけることもない。
ストレス解消するために危険な行為は避けておきたいですし、複雑なことに取り組むとかえってストレスが溜まってしまうことも。
単純明快で安全なこの方法は、どんな方にもオススメできるストレス解消法です!