仮面うつ病とは

身体の不調のその裏には?うつ病が隠れている 仮面うつ病の正体は

「心の風邪」と呼ばれている「うつ病」は、誰なってもおかしくない病気です。ただし、風邪と言っても、普通の風邪のように数週間で治るわけではなく、治療を始めてももとの元気、正常な状態に戻るまでには時間を要してしまいます。重症になればなるほど、やっかいになるため、早期発見と早期治療が重要になります。

しかしながら、「うつ病」であるにもかかわらず、実際には病院を受診していない、そもそも自分では気づけない、ということが多いのです。日常でもよくある症状であることが多いため、それがうつ病の症状であると気づくことができないのです。

うつ病は、当初、うつの状態である気分の落ち込みなどは、さほどはっきりと現れません。その代り、頭が痛い、肩がこる、胃が痛むといった形で、身体的な症状が現れることがあります。うつ病は、その症状によっていろいろな呼び方がありますが、この場合だと「仮面うつ病」と呼ばれます。

仮面うつ病の症状には、頭が重い感じ、胃がもたれる感じがあるなどの不快感、頻尿、便通が良くない、肩こり、めまい、身体の倦怠感、性欲がない、食欲がでないといったものが特徴的です。とにかく、身体に現れる症状を訴えることが多く、これらの症状がいくつも同時に現れられやすいのです。

このような身体の症状があるその裏で、精神的なうつ状態やうつ病が存在している、ということから「仮面うつ病」と言われるのです。単に隠れている、という点で済めばわざわざ「仮面うつ病」などと名付ける必要もないのですが、この仮面うつ病は、少し厄介なのです。

つまり、身体の症状として現れてしまうことから、実は精神的なうつ状態やうつ病が発症していても気づくことができず、効果的なうつ病の治療が遅れてしまうのです。「よくある肩こりだから病院には行かなくても大丈夫」などといって、病院になかなかかからずにいて、しかし、いよいよ辛いことから病院に行ってみると実は「うつ病」だったということになるわけです。