プラスの言葉でうつ病患者の心を軽くする

うつの人にこそ伝えたい!心を前向きにさせるプラス言葉

うつ病患者への不用意な励ましは厳禁であると、一般的な認識が広まってきています。事実、軽々しく「頑張って」などと言うことは症状を悪化させる原因になりかねませんが、だからといって患者と言葉を交わさず、腫れ物扱いすればいいという訳でもありません。周囲の人にしかできない、患者の心を前向きにさせる行為もあるのです。

伝えたい、「あなたの存在意義」

うつ病の患者は、常に孤独と不安に苛まれています。自分は不要な人間ではないか、誰も助けてくれる人がいない、自分には価値がない……そんな考えに囚われ、どうしてもネガティブな心を抱えてしまうのです。また、自己否定の心が強く、何かと自分の存在を卑下しがちです。ですから、第三者の視点から「そんなことはない、あなたには価値がある」ということを言葉にして伝えることで、認められる安心感と自信を、うつ病の人に持ってもらうのです。

「あなたがいてくれて助かった」ただ一言の言葉ですが、うつ病の患者にとってとても大切な言葉です。

誰かに認められる安心感というものは、自分ひとりで得ることはできません。ですがうつ病の人は常にと言っていいほどそれに飢えています。面と向かって言うには照れくさいかもしれませんが、勇気を出して伝えてみましょう。言葉というわかりやすい形で認められる安心感を与えることで、患者は孤独感が軽くなり、ほんの少しですが前向きな気持ちになれます。あなたの一言で、うつ病の人が救われるかもしれません。

プラス言葉にもNGがある

プラスの言葉がうつの心を軽くするといっても、むやみやたらに言えばいいものでもありません。中にはよけい患者を落ち込ませてしまう言葉もあるため、選び方には慎重になりたいものです。

まず上げられる注意点として、「他者と比較した言葉を言わない」という点があると思います。「みんなもっと辛いことだってあるんだから大丈夫!」といった言葉ですが、このような言い方だと「自分は些細なことでこんなに落ち込んで……他の人はもっとつらくても元気でやっているのに」と患者を落ち込ませかねません。

次に、「あなたはできる人だから」などと根拠なく相手を持ち上げすぎる言い方。うつ病患者の多くは自信を失い、自分は無価値な人間だと思い込んでいることが多く、やたら持ち上げる言葉は「ああ、気を使わせてしまったんだな……」とすぐに察してしまいます。相手を褒めるなら、「あなたのこういうところはいいところじゃない」などと、相手が納得できる具体例と共に言うようにすれば、より受け入れてもらいやすくなります。

元気付けようとして、いつの間にかプラス言葉が叱咤激励になってしまわないことも、注意しておきたい点です。体育会系のような強い励ましは、うつ病の人にとって励ましの内容はハードルが高く、「できない自分」を思い知らされて落ち込んだり、また励まされたことを実行しようと無理をして症状が悪化することがあります。

プラスの言葉を投げかける大切さ

人のコミュニケーションのひとつとして、言葉は非常に重要な役割を持っています。人はそれぞれ心の内にさまざまなものを抱えていますが、それは何かの形にして表にださなければ他人には伝わらず、言葉はまずその手段としてストレートに相手に伝えることができるもの。「言葉のナイフ」とも言われますが、私たちの思う以上に、人の言葉には力があります。

例えば同じ事柄でも、言葉ひとつで随分受け止め方が違ってくるもの。「貯金があと半分しか残っていない」だと、言い知れぬ焦りを感じて不安になります。ですが「貯金はあと半分も残ってる」ではどうでしょう。心に余裕が持てませんか?

そのような「プラス言葉」は、自分自身に言い聞かせるだけでなく、他人とのコミュニケーションを図る時、相手に与える印象にも大きな影響を及ぼします。他人の欠点をあげつらって責める言葉ばかりを言う人は敬遠され、逆に励ましたり、慰めたりする優しい言葉をかけることのできる人は、温かい人として好かれます。人に好かれると自分の存在に価値を見出すことができ、生きる気力が沸きます。相手の心だけでなく、自分の心も救うのがプラス言葉なのです。