うつ病についてのコラム

記事一覧

病気かそうじゃないか 「うつ病」であるかを診断するには問診です

「うつ病」は、普段の生活で言う一時的に憂うつといった気分が、常時継続的に現れるもので、仕事や学業、日常生活に支障を来すまでになるいわゆる病です。しかし、その症状は、健康な時にも人間の表す感情や身体的な状態そのものであるため、うつ病なのかそうではないのか、区別しにくいのです。

このように、うつ病であることかどうかわかり難いため、本人もうつ病を自覚することができず受診になかなか至らないのです。周囲の指摘により、自覚するようになるということも少なくありません。

うつ病であるかどうかを診断するには、診断基準を参照しながら診断します。患者に対し問診により症状を把握し、うつ病の状態にあるかを評価していきます。うつ病の症状として、精神的や思考的な部分で症状が現れることのほか、身体的な状態に症状が現れることもあります。

つまり、精神的や思考的な症状はなく、身体状態の症状ばかりが現れるため、「うつ病」に気づけない場合があるということです。「うつ病」の診断は、容易ではなくいろいろな問診をしなければわかりません。

診断にあたって問診するポイントは、症状の開始時期、症状の状態、症状が現れたきっかけと思われること、その症状による日常生活や社会生活への支障の程度です。そのほかに、性格や思考、既往歴や家族歴も必要です。

子供や高齢者の場合は、あまり自分の症状はわからない場合も多いため、家族や周囲の人からみた症状、客観的に捉えた症状の把握も重要となります。

うつ病の診断基準は、WHO(世界保健機関)の国際疾病分類で定められています。うつ病の症状による多数の診断項目に当てはまるものの数によって決めることになります。

普段の生活によくある症状 でも長続きは「うつ病」かもしれません

うつ病は、「心の風邪」と言われるようにとてもありふれた病気であり、5人に1人から10人に1人が、一生のうちに1度はうつ病にかかると言われるように誰でもかかる可能性があります。

うつ病は、その症状が重いと仕事や生活に及ぼす影響がとても大きく、心の風邪とはいうものの、普通の風邪とは比較にならないものになります。うつ病が重度になると自ら命を絶ってしまう「自殺」を選んでしまい統計では10人に1人が自殺してしまうというデータもあるほどです。

うつ病が「心の風邪」と言われるのには、その症状が普段の状態とあまり変わらずわかり難いためでもあります。まず、「抑うつ」と言われる症状は、気分が落ち込む、悲しい、不安である、朝の気分が悪い、イライラする、感情が抑えられない、感情がわかない、自殺を考えるなど、 精神、気持ちの上での症状となります。

また、考えがまとまらない、集中できない、動くことがつらいといった精神運動抑制という症状や、何においても自分が悪いと思ったり、人にそう思われていると感じる、劣等感、悲観的に考える、不幸だと感じるなど、思考と認知に歪みが生じるのもうつ病の症状です。

気持ちや精神的、思考による症状のほか、身体に現れる症状もあります。睡眠障害や手足のしびれ、めまい、肩こり、吐き気などの症状もうつ病の症状としてあげられます。以上のように、一見して健康な人の日常に良くみられる一時的な症状と同じような症状であるため、うつ病とはわかり難いのです。

憂うつな気分 長く続くなら「うつ病」かも チェックしてみよう

「うつ」とは、人生で経験するいろいろな気分、感情のなかで、例えば、親しい人の死や失恋のときなどのように、一時的に気分が落ち込んだ状態を指して使われます。この「うつ」の状態が、一時的ではなく慢性的に続くと精神的、身体的、思考力に影響しいろいろな症状が現われ、「うつ病」という立派な病気となります。

80パーセントの人が、程度が軽くても「うつ」の状態にあるといわれているようですが、「うつ病」という病気と認められることは少ないようです。つまり、うつな状態にあってうつ病になる前段にあるものの、それが病気だと断定できず、対処が正しく行われないために「うつ病」へと状態を悪化させてしまうのです。

うつ病となった際の症状は、気分が落ち込む、悲観的な思考になる、意欲や性欲の低下など精神的な症状のほか、下痢、頭痛、食欲低下といった風邪にも似た症状など、非常に多くの症状になって現われます。

前述したように、「うつ病」になる兆候、「うつ病」の前段といった「うつ」の状態と、「うつ病」の状態の境界はわかり難く、見逃してしまいやすいのです。身近な人がそのような状態にあるにもかかわらず、普段通りに接してしまい、知らず知らずのうちに「うつ病」になってしまう、自分自身も「うつ病」に気付かないまま、症状を悪化させてしまう、ということになりかねないのです。

そこで、自分自身で「うつ病」に関して思い当たる症状についてチェックしてみることが大事です。例えば、「気分が酷く落ち込む、物事を悲観的に考える」「意欲がない、興味や関心を持たなくなった」「頭がボーっとして、仕事や家事が手につかない」などの症状に心当たりはありませんか。

このような状態に少しでも心当たりがあるなら、チェックを行ってみましょう。インターネット上には、自分自身についてのほか、身近な人や同僚に対してもチェックができるようなチェックシートも色々とあるようです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19