再発

あれ?治ったと思ったのに……うつの再発・再燃にご用心!

うつ病の怖いところといったらあなたは何を思い浮かべますか?
自殺率? なかなか治らないところ? 様々な症状が出て動けなくなること?
それらも確かに大変怖いものですが、実は他に大変怖い一面がうつ病にはあるのです。

(なんと再発率60%! うつ病は再発リスクが非常に高い)
うつ病の隠れた一面として、再発率の高さがあります。その再発率、なんと60%!
一度うつ病にかかってしまうと、その半数以上が再発を経験していることになりますが、これは他の病気と比べて非常に高い数値。
『もう良くなった』と思っても油断ならない、やっかいな病気であると言えますね。

(何故再発してしまうの?)
再発には様々な原因が考えられます。まず、うつ病を発症した環境に戻った場合。
例えば職場環境が原因でうつ病にかかり、治療して完治した後、同じ職場に復帰した時に再発する例がまさにこれです。
自分は病気を克服しても、うつの原因となった環境はいまだ変わらず、再びその中におかれることによって、また以前と同じ、強いストレスを感じることになってしまい、再発リスクは高くなります。
また、病気は治っても、うつ病になりやすいネガティブな考え方のくせが抜けず、たとえ元々のうつの原因から遠ざかったとしても、また似たような出来事が起きたり環境におかれたりすると、それが新たなストレスとなって再発することもあります。

(再発しても冷静に治療を!)
しかしながら、うつ病が再発したからといって、『せっかく治ったのに……』と重く気に病んだり焦ったりするのはよくありません。
再発するのは当たり前というくらいの数値ですから、逆に気にしてネガティブになってしまうほうが、患者本人にとっては負担となります。
たとえ再発をしてもまずは冷静に。再発はうつ病患者の半分以上が経験していることです。
そして、再発しても多くの方が再度の治療でまた元気になっておられるのも事実。
自分の状況を把握したら、完治した以前の病院へ連絡し、再発の旨を伝えましょう。
この時、安易に病院を変えないほうが良いです。一度は完治まで行くことができた病院なら、医師との信頼関係も築けているでしょうし、安心です。
違う病院へ行ってまた医師との信頼関係をいちから築いていくよりは、ずっと早く積極的な治療に取り組むことができます。

(再発しないためにできること)
うつ病を再発させないためには、まずきっちりと治療をしておくこと。
治療の終盤になって調子のいい状態が続くと、『もう大丈夫、治った』と通院を勝手にやめたり、処方された薬を自己判断で飲まずに捨ててしまう人がいます。
しかし一見直ったように見えても、それはまだ完治ではないため、些細な切っ掛けで再びうつ病になってしまう危険が大いにあります。
治療は必ず医師が『もう終了しても大丈夫』と判断するまで続け、薬もきちんと飲みましょう。
また、うつ病のきっかけとなった原因そのもの……職場環境や人間関係などを改善することも大切です。
うつ病が治っても発病したきっかけがそのままでは、それを引き金に再びうつ病になってしまうことは多々あります。
職場環境が原因ならまずは復帰する前に職場との話し合いを。どうしても折り合いがつかなければ転職も視野に入れて考える必要があります。
人間関係なら、原因となった関係に近づかないなど、付き合い方を変えるなどの対策を考えましょう。
さらに、投薬治療だけでなく認知療法やカウンセリングなどを行い、ネガティブな考え方のくせに気がつき、直していくことも大切です。
新たなストレス源を目の前にしたとしても、うつになりやすい考えのくせが抜けていれば、より冷静に、ストレスに対して対処しやすくなることでしょう。

(治療中に再び悪化することもある)
ところで、きちんと通院もし、薬も飲んでいて回復傾向にあったのに、治療中にまた具合が悪くなってしまうこともあります。
これを再燃といいますが、仮にそうなったとしてもあまり深刻に受け止めすぎないで下さい。
なぜならうつ病は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々によくなっていく病気だからです。
『元気になったから』と遠出したり、仕事に出てみたり、再燃する切っ掛けは様々ですが、『無理をしてしまった』後に起こりやすいように感じます。
再燃してしまったら、再び動けるようになるまで安静にしてゆっくり休み、回復を待ちましょう。
担当医に再燃したことを相談してみても良いと思います。