うつ病の再発を防ぐ

うつ病も風邪と同じ 再発しないように 同じ繰り返しがない生活へ

一度風邪をひいたら、再発しないようにいろいろと注意するのが一般的ですね。心の病、つまりうつ病も、心の風邪と言われるだけあって、容易にかかるので再発しないようすべきところですが、それほど注意されないのが現状です。

しかし、うつ病の再発は結構あるもので、ある報告ではうつ病の再発率が60%もあるとされています。再発を繰り返せば、再発率がどんどん高くなります。せっかく治ったうつ病を再発させないためには、うつ病についてやはり正しい理解をしなければいけません。自らの病は、自らのものにしておきましょう。

うつ病が再発しないようにするためには、薬の服用は続けるという方法があります。この方法とともに、やはり、本人自らの生活スタイルや環境を変え、うつ病にかかり難い状況を作ることが大切です。

まずは、自分の性格を正しくとらえることが必要です。うつ病になりやすい人の特徴は、まじめであり、仕事に熱心、責任感が強い、凝り性などがあげられます。これらは、長所でもありますが、限度を超えるとうつ病の原因になってしまうのです。うつ病は、このような性格的な下地があって、その上に、精神疲労の集中と蓄積となるようなストレスが加わることで発症します。よって、自らの頑張りを冷静に自覚するようにし、頑張りすぎる手前でブレーキをかけることができるように心がけることが必要です。

また、うつ病がいったん回復し、職場に復帰できたときは、「よし、頑張ろう」と意気込むことになりますが、頑張るとまたうつ病を発症してしまいます。もともと、うつ病はどのような環境で発症したのかを意識しましょう。同じ環境でうつ病が発症する可能性があります。

うつ病は、人生のなかのいろいろな変化で発症する場合が多くあります。親戚や家族の死亡、失業などの辛い出来事だけでなく、実は結婚や出産、昇進などの出来事でも発症する可能性があります。このような生活の変化があるときは、ストレスもかかりますので注意が必要です。

その他、うつ病を再発させないためには、いろいろなことが集中したり自らに負担がかからないように行動することや、ストレスや負担を解消すべく、趣味や運動に時間をかけることも大切です。