産後うつについて

幸せなはずなのに……母の喜びの影に潜む「産後うつ」って?

出産は女性にとって一大イベント。命がけで産み落とした新たな命は愛おしく、母となった喜びに多くの女性が胸を満たされることでしょう。でもそんな時、予期せず憂鬱な気持ちが襲ってくることがあるのです。

多くの女性に現れる「マタニティブルー」

出産を経験した人の半数は、産後数日から十日前後の産褥期にうつ状態を経験していると言われます。いわゆる「マタニティブルー」です。

マタニティブルーは病気というより体内のホルモンバランスによる反応で、妊娠中にはさかんに分泌されていた女性ホルモンが、出産を機に一気に減少し、ホルモンバランスが急変するため引き起こされるものです。ホルモンバランスやそれに影響された自律神経系に起因するものなので、産後二週間から一ヶ月程度、体内のバランスが戻ってくれば多くは自然に回復します。

特に、うつ病になりやすいといわれている責任感の強い完璧主義の人が陥りやすいと言われます。症状もうつ病と似ており、気分が落ち込んだり逆にイライラしたり、体が重たく感じる、頭が回らなくなる、眠れないなどといったものがみられます。

マタニティブルーは一種の通過儀礼のようなものと受け止めて、落ち込んだ自分についてあまり深刻に考えすぎないことが大切です。またうつと同様に休養することも重要です。それでなくとも出産という大仕事を成し遂げたのですから、休養が必要なのは当然とも言えるでしょう。産後しばらくは気分的に落ち着けて人手を借りられる実家で過ごす、夫に手助けを求めるなどして、できるだけかかる負担を軽くしておきましょう。

マタニティブルーの時期を上手にやり過ごせるかどうかで、その後が大きく違ってきます。

長引けば「産後うつ」の危険

マタニティブルーの時期はとうに過ぎたはずなのに、いつまでも気持ちが上向かない、子供への興味が持てず子育てする気力がわかない……そんな時はもしかしたら、「産後うつ」へと移行してしまったのかもしれません。

産後うつは、マタニティブルーの時期を過ぎた頃に発症する、うつ病の一種です。ですから自然に治るものではなく、心療内科や精神科での治療が必要なものとなります。投薬により母乳での育児ができなくなるなど、子育てにも大きく影響する面もあるため、周囲の人の協力がより必要となってきます。

産後うつになると、一般的なうつ病の症状のほかに、子育てに関して訳もなく苛立ち、せっかく生んだ我が子に危害を加えてしまうこともあり、結果夫婦関係の崩壊につながったり、子育てへの不安から無理心中を図ってしまうなどの深刻なケースも。マタニティブルーの症状が長引く様子が見られたら、早急に専門の医師に診てもらいましょう。特に、初めての出産の時は不安が大きく、出産後は子供中心の生活へと一変するため産後うつになりやすく、注意が必要です。

産後うつをどう予防するか

産後うつまで引きずることなく、マタニティブルーの時期で終わらせる、産後うつの予防策としていくつかの対策があげられます。まずは母親が十分に休息できる環境を整えること。特に睡眠時間の確保は大切なことです。いざ子育てが始まると、夜中でもミルクを飲ませたり夜泣きがひどかったりで、母親は十分な休息や睡眠が取れないことが多くなります。睡眠不足は脳の機能を鈍らせるため、まず周囲が協力して母親の休息時間を作りましょう。

食事の内容も重要です。母親は子育てで体力を使うだけでなく、出産により母乳を生成するようになります。十分な栄養を取っているつもりでも、栄養不足になりがちですので、普段以上に食事のバランスに気をつけ、三食きっちり食べましょう。子供優先で自分は後回し……つい食べそびれてしまった、なんてことを繰り返すと、体力が落ち育児を負担に感じてしまいます。

母親が一人になれる時間を作ることも、産後うつの予防には欠かせません。母親は子供と二人きりの閉じた世界にこもりがちになってしまい、その閉塞感が不安や焦りを生み出してうつの心に傾いていきます。母親にもリフレッシュできる時間を。そのためには家族や夫の協力が不可欠となります。家族や夫が愛情をもって母親に接し、協力を惜しまず家族みんなで子育てに参加することが、何よりも大切なことと言えるでしょう。