専門家

新型うつは病気?新型うつは病気だとしない専門家も実は多くいます。

新型うつ病といううつ病の存在が出てきていますが、精神医学やうつ病などに対して詳しい人がこの新型うつ病に対して病気として扱っていてはいけないという意見を出していく時もあります。うつ病に対して理解を示している人でもこのようなことを言うというのは少し意外なところがありますが、専門家の中でもかなり意見が分かれることが多いようです。

新型うつ病を病気として認めようとする背景には、現代の社会では多くの人はストレスを抱えていて、そのようなストレスからくる症状なども増えてきているということが関係していることがあります。そのような人達に対応していくためには病気への理解を深める必要があるということでしょう。これも一つと意見として成立していると考えることはできます。

一方型うつ病に対して否定的な人からすると、新型うつ病をうつ病として認めてしまうと、ほとんどの人がうつ病になってしまう危険性があるということになります。また新型うつ病のような状態の人に対して対応をしていたら、社会が成り立たなくなってしまうということを考えている人もいます。一般的にはこのような考え方をしている人が多く、今の社会の一般的な人の考え方と言ってしまうこともできるかもしれません。

新型うつ病の判断基準などがあいまいだから信用できないと考えている人もいます。精神分野の医学は非常に昔から、その根拠などについて多く議論されてきましたが、この新型うつ病も多くの人が議論をしていることになります。現代の社会にあわせるべきか、それとも病気として扱わずに、今までどおりにしていくかというのは非常に大きな課題になっていると言えるでしょう。

うつをわずらっている人でも、新型のうつを認めないというように意見している人もいます。それと同時に、うつ病と新型うつ病を混ぜて考えてしまっている人もいます。専門家によっては自分をうつだと言っている人はうつではないと言っている人もいます。新型うつ病は、うつに関するさまざまな考え方を表に出してくれる結果になっていると言えます。新型のうつ病が病気になるのかどうかという点は、これから大きく取り上げられていく事になると思いますが、新型のうつ病を通して、しっかりとうつ病というものを考えていかなければいけないことになると言えます。うつ病というのはこれほど広がってきているのことになるので、避けては通れない課題、または道と言えるでしょう。