セロトニン

これが足りないとうつ病になる!?脳内物質セロトニンって?

うつ病について調べていると、やたらと『セロトニン』という言葉を見かけるかと思います。
いまひとつ聞きなれないこの言葉、一体どういう意味なの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
今回はうつ病と密接な関係にあるセロトニンについてお話します。

(セロトニンは脳内の司令塔!)
いわゆる快楽ホルモンと呼ばれる『ドーパミン』や人を興奮させる『ノルアドレナリン』について聞いたことのある方は多いと思います。
それらは人の脳内にある神経間の連絡係で『神経伝達物質』と呼ばれ、セロトニンもこの神経伝達物質のひとつで、人の脳内に存在します。
ドーパミンやノルアドレナリンと比べていまいちマイナーな感じのするセロトニンですが、睡眠や体温調整などの生体リズムのコントロールを担当する大切な物質です。
さらには他の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの暴走を抑える大切な役目も持っています。
そう、実はセロトニンこそが脳内の司令塔なんです。
ですからセロトニンが減少すると、脳内のバランスが崩壊して体調を崩しやすくなり、うまく睡眠が取れなくなるなど体に悪影響を及ぼします。
また、うつ病にかかるとセロトニンの量が減少するとも言われています。

(抗うつ剤とセロトニン)
抗うつ剤には、この『セロトニン』をできるだけ脳内にとどめておく作用があります。
脳内に放出されて溜まったセロトニンは再び体内に吸収され再利用されるのですが、抗うつ剤はセロトニンが吸収されて脳内から減るのを防ぐ効果があるのです。
これにより、脳内のセロトニンの濃度がある程度保たれるというわけです。
従来の抗うつ剤はセロトニンと同時に他の脳内物質にまで作用してしまい、副作用が起こりがちでしたが、SSRIと呼ばれる抗うつ剤はセロトニンに特化して作用するため、副作用が出にくくなっています。

(セロトニンはどうやってできる?)
うつ病と深く関わりのあるセロトニンは、いったいどこからやってくるのでしょう?
ビタミンや鉄分のように、食べ物からいつの間にか摂取しているのでしょうか。
残念ながらセロトニンは食べて摂取するのではなく、吸収した栄養分を元に体内で作られるもの。
食べ物から摂取できる『トリプトファン』という必須アミノ酸とビタミンB6などが体内で合成されると、セロトニンが生まれるのです。
セロトニンは体内で合成するしかありませんが、その原料となる必須アミノ酸は逆に体内で合成できないので、食べ物から取る必要があります。
うつ病になると食欲がなくなり、食事もままならないことが少なくないですが、そうなるとセロトニンの材料であるトリプトファンをうまく摂取できないという、困った自体に陥りがちです。

(セロトニンを増やしてうつ病に強くなろう!)
ではこのセロトニン、どうにかして増やせないものなのでしょうか?
直接食べて摂取できないのならやることはひとつ、その原料になる物質をきちんと摂取することです。
セロトニンを作るのに必要な主な物質は、必須アミノ酸のトリプトファンとビタミンB6。
これらを多く含む食品をよく食べることでセロトニンの材料をせっせと体内に取り込み、セロトニンをより合成しやすくするしかありません。
トリプトファンとビタミンB6両方を含む食べ物としては、かつおやマグロなど赤身の魚、肉類、バナナなどが上げられます。
また、トリプトファンは元々牛乳から発見された必須アミノ酸で、牛乳や乳製品にも多く含まれています。
日常の食生活にこれらの食材をうまく取り入れていくことが、セロトニン増加の鍵になります。
ちなみにトリプトファンはサプリメントから摂ることもできますが、サプリメントではうっかり過剰摂取になることも。
長期に渡ってトリプトファンの過剰摂取が続いた場合、副作用を起こすという説もあるので注意が必要です。
やはり食生活の中で、ビタミンB6やマグネシウムなどを含む食品と一緒に食べ物で補うのが、好ましいと言えるでしょう。
食生活は健康の要です。うつ病でどうしても食欲がない時などは、トリプトファンとビタミンB6のどちらも含み、手軽に食べられるバナナで栄養補給するのをオススメします。