社会

うつは病気と思える社会が大切!そのために必要なこと

うつ病を自分自身で認める、病気として扱うことは大切になります。ですがこれはあくまでも個人の頑張りであり、個人ではどうしようもない場面は現代の社会では生まれてしまうものです。社会全体でうつは病気である、しっかりとした治療が必要であるということを考えておく必要があると言えます。

ストレス社会となってきている今の社会ではうつ病は非常に関係の深い症状になります。しっかりとした対策を考えておかないと、予防をすることも難しくなっていきます。やりがいや生きがい、そして余暇の楽しみなどはうつを予防する上で非常に大きな抵抗力になっていきますが、だからと言ってそれを強要するようなことがあってもいけないことになります。

人と人とのつながりもうつ病を考えていく上では重要になってきますが、これも強要してしまうと余計なストレスになってしまいます。

一番良くないのは、うつ病などの精神的な症状を予防するということを盾にして、自分の価値感を周囲の人に押し付けてしまうことです。うつ病への理解は人それぞれ違うものであり、それは当然のことです、ある程度枠組みの中にとどまっていることは大切になりますが、うつ病に関することを理由にその人の働き方や生き方を否定したり、変に変えようとするのはよくないことと言えます。

社会の中で、良いことをしようとして空回りしている、人に迷惑をかけているということほど悪に感じられてしまうものはないと言えます。当然悪いことをしているのであればそれは悪になりますが、悪い事に対して全力に否定することができるようになります。しかし良いことであると、全力で否定することができなくなってしまうこともあり、大きなストレスになってしまうこともあります。

うつ病の場合でも同じことが言えます。うつ病に対して過敏すぎるほどに反応してしまったり、それに対して深く考えすぎてしまい、うつの人を置いてけぼりにしてしまった場合、うつのことを必死に考えている人に対して、意見を言ったりすることはやりづらくなってしまいます。うつの人は余計に助けを呼べなくなってしまうことになります。今の社会はうつの人に対して理解が深まってきていますが、今度はうつに対して適切な距離を保てるようにしていくことが必要になると言えます。適切な距離が保てるようになれば、過剰な反応がでなくなったり、凝り固まった知識が広がってしまうことを防ぐことができます。そうしていくことで偏見などを少しでも減らしていくことはできるようになると言えるでしょう。