うつ病と診断されると障害年金が給付されます

うつ病も 生活に支障を来す病 診断書と認定基準クリアで障害年金

障害年金とは、何らかの病気やけがによって、ある一定の障害を有することになった人に対して支給される年金です。受給にはいろいろな条件がありますが、実は、「うつ病」でも認定基準を満たせば受給できるケースがあります。

躁うつ病やうつ病などの気分障害について、障害年金の認定基準は、厚生労働省により定められています。認定は、1級、2級、3級と分けられ、それぞれに認定基準があります。3級は、気分や意欲、行動において障害と思考障害の症状があるものの、著しい症状ではなく、ただし持続や繰り返すことから労働が制限を受けるものとなります。

また、2級は、おなじく気分や意欲、行動において障害と思考障害の症状があって、かつ、持続と頻繁に繰り返すために、日常生活が正常にできないものとなります。1級は、これらが高度の症状となり常に介護が必要となる重度なものとなります。

これらの認定に当たっては、いろいろと考慮しなければならない点も定められています。躁うつ病では、躁とうつの時期を繰り返すものであるため、現在生じている症状だけで認定することは不十分です。症状の経過と日常生活の状態を十分考慮する必要があります。

また、日常生活の能力ということの判定についても、いろいろな機能や障害を考慮の上で社会的な適応性の程度によって判断されます。

あくまで、このような認定基準があるという話ですが、実際には国民年金か厚生年金、取り扱う認定機関は、各都道府県で異なることから認定の基準については差異があるようです。

認定されるには、医師の診断書が必要となりますが、認定を受けようとすると、前述した認定基準に対応した的確な診断書が必要となるわけです。当然、うつ病等の症状を日常生活から長い時間をかけて理解してもらえている医師に診断書を書いてもらうことが最適です。