冬季うつ病の治し方

太陽にあたる時間が少ないから?冬季うつ病は日照時間に関係あり?

うつ病は、精神疲労の集中と蓄積と言え、誰もがかかる可能性があるため「心の風邪」と呼ばれています。また、症状の現れ方によって、いろいろな種類もあります。

「冬季うつ病」とは、その名の通り冬にうつ病の症状が現われます。症状は、朝起きることができない、眠い、寝る時間が長い、食べ過ぎ、無気力である、血圧が低い、人づきあいがつらい、冬に甘いものが食べたくなる、などの症状です。一般的な「抑うつ病」は、夜眠れない、食欲が無いといった症状になりますが、冬季うつ病はその逆の症状が現われ、これが特徴でしょう。「季節性情動障害」ともいい、脳機能障害のひとつになります。

冬季うつ病というくらいですから、夏季、つまり四季のなかで最も特徴的なのでしょう。夏季では元気でうつ症状は現れないのに、冬季になるとうつな気分になってしまいます。おおよそ、10~11月あたりに症状が現われ出し、2~3月あたりで回復します。

一方で、冬季うつ病には、日照時間が影響していると言われています。つまり、日照時間が短くなる冬季に症状が現われるということです。太陽を浴びるとセトロニンという脳内ホルモンが生成されますが、日照時間が少ないためその量が減ってしまいます。セトロニンバランスが崩れると空腹感が強くなります。セトロニンのバランスが崩れるということは脳の機能が低下しているということから糖分や炭水化物を摂取するよう脳が体内に信号を送った結果、空腹感が強くなるのです。

太陽を浴びる様にしたり、セトロニンを増やす食べ物を摂ったりすることが冬季うつ病の回復方法となります。特に目から受ける光の刺激が重要となります。朝起きてから朝陽を目にすることはセトロニンのバランスを調整するのに効果的です。