通院拒否する患者への対応

「私はうつなんかじゃない!」通院拒否する患者との向き合い方

周囲から見て明らかにうつ病であると思われるのに、本人は頑なに通院を拒否するケースがあります。とはいえ相手は日に日に弱っていく一方……どうにかして病院に連れて行きたい。そんな時、周囲はどうしたら良いのでしょうか。

病識を持ちにくい心の病気

うつ病に限らず様々な心の病で、「治療の第一歩は病識を持つこと」であると言われます。心の病は、体の病気と比べて患者本人に「自分は病気である」という意識がないケースが非常に多くあります。理由は様々ですが、自分が病気だと認めたくないというより、そもそも自分は病気ではなくこれが正常だと思い込んでいることが多いようです。

本人が病気でないと思っているところに、周りから「病院へ行け」「治療を受けろ」と言ったところで、本人は勝手に病人扱いされたと憤慨してしまったり、自分はそんなにおかしいのかと落ち込んでしまったりします。実際に通院を始めて医師やカウンセラーとよく対話することで、「自分のこんな点が病気だったんだ」と自覚することはありますが、まずその通院が始まらないことにはどうしようもありません。

ですが始めのうちは病識が持てないというのは、心の病気を抱える人にはよくあることだとも言えます。本人が通院を拒否し続けるからといってこちらも頑なにならず、考えすぎて周囲の人まで落ち込んだりすることはありません。

まずは家族が病院に相談を

本人が行きたくないと言っているのに、強引に連れて行ったり騙して医者に引っ張り出したりすると、ますます頑なになり治療がより困難になります。家族や周囲の人への信用を失くし、病状が悪化することもあるので無理に連れて行くのはやめておきましょう。まずか家族が病院に連絡し、事情を説明してみてください。始めのうちは通院拒否するケースは多くあるため、まずは家族が病院に相談に訪れるパターンは多くあります。時間を調整し、周囲の人がまず医師と面会して本人の状態を伝え、どう説得すべきかなどのアドバイスを受けましょう。

注意点としては、患者本人がいないので投薬などはできません。また、場合によっては保険適用されないこともあります。

説得の前に本人の話を聞く

通院するよう説得する前に、患者本人の話を十分に聞くことが大切です。何故自分をうつ病だとは思わないのか、うつ病だとしても何故通院したくないのか、じっくり話を聞くことで相手の信頼を得ることができますし、同時にどの面から説得していけばよいのか、解決の糸口を掴みやすくなります。

気をつけることは、相手が話をしている最中に説得しようと口を挟まないこと。言いたいことはぐっと我慢して、まずは患者本人の言い分に共感しながら全て話し終えるまで、じっくり待ちましょう。話を聞き終えたら、そこでさまざまな質問をしていきます。うつ病についてどう思っているか、自分の今の状態をどう考えるか。より具体的な質問をしていくことで、より核心に迫ることができます。

また、話をするのは家族や深い関係の友人など、できるだけ患者が信用を置いている人にしたほうが効果的です。

うつ病がどんなものかを知ってもらう

うつ病で通院拒否をする人は、うつ病をイコール甘えや怠けと思い込み、そんなことは許されない、もっと頑張らなくてはならないという概念に囚われていることがあります。うつ病に対する世間の偏見が生み出した負の概念と言えるでしょうが、まず、そこを崩さなければ本人は辛いばかりです。うつ病は怠けではなく脳の病気であること、治療をすれば今の苦しさは軽減されること、今や多くの人がかかり珍しい病気ではないことなどをよく伝えます。

精神科や心療内科に対する敷居が高い、病院が怖いと感じる人には、近年そのような病院に通っている人は多くいること、体が病気になった時の例をあげて、病院にはそれぞれに専門の分野があることを根気よく話してみましょう。もしも通院を予定している病院のホームページなどがあれば、それを見せながら説明するのも良いかもしれません。病院の内装写真などが掲載されていれば、その雰囲気を事前に掴むこともできます。

患者自身のうつ病や心の病院に対する思い込みが、思わぬ障壁となっていることは多くあります。まずはよく話しを聞き、相手の抱える不安に合わせて説得をしていきましょう。