『死にたいよりも、本当は……』心の闇、死にたい気持ちの向こう側

自殺――それはうつ病の果ての結末として最悪の事態。
しかし近年の日本では、毎年三万人超の方が自ら命を絶つ決断を下してしまう現実があります。
その選択にたどり着くには想像を絶する心の苦しみがありますが、『死にたい』気持ちには一般の人の想像とはまた違った一面があります。
死にたい気持ちの向こう側にあるもの、今日はそれを自分の経験からお話したいと思います。

(死にたいよりも、そっと消えたい)
死にたい気持ち、いわゆる希死念慮が出始めたばかりの頃は、自分の死が周囲に及ぼす影響について、考えることがままあります。
もしも死んでしまったら家族に迷惑かな、死んだら私はどうなるのかな……などと、内容は具体的なことから漠然としたことまで様々ですが、この時はまだ、はっきりと死にたい訳ではありません。
むしろこの時に思うのは、『死にたい』よりも『消えてしまいたい』。
人魚姫が海の泡になったように、指先から溶けて存在ごとなくなってしまいたい、初めからいなかったことにして欲しい……そんな非現実的な願望が根底にあります。
むしろ誰かが自分の代わりにこの人生を生きてくれるならそれでも構わないと望むことも。
とにかく、自分という存在をなかったことにして消えてしまいたい。この願望が、『死にたい』気持ちの向こう側。始まりはここからで、むしろ本当の願いはこれであるとも言えるでしょう。

(方法がないから、それを選ぶ)
ぼんやりした消えたい願望は次第に強固なものとなりますが、具体的な方法を模索するうち、それが現実には不可能だと気がついてしまいます。
事実、一度生まれてしまった以上、泡になってそっと消えるなんてできないこと。
それを自覚して代わりの方法を求めた時に、心の奥に『自殺』という選択肢が浮かび上がるのです。
『消えられないなら、死ぬしかない』……そんな思いつめた心が次第に大きくなり、そのまま何の光明も見出せないまま時が過ぎて、ある時沸き起こった突発的な衝動で……などということに。
または他に方法がないならばと死を心に決め、その準備のためだけに日々を生き、人知れず準備が整ったらそっと死を選んでいく人もいます。

(死ぬことすらできない無気力な生も)
自殺を望んでも行動に移すだけのエネルギーがもはや残っていない……そんな人も中にはいます。
死ぬ気力はない、でもこれ以上生きていく気力もなく、ぼんやりと一日をやり過ごしていくだけの毎日。
まさに体は生きていても心は死んでしまった『生きた屍』状態で、それが長いこと続くと心は完全に壊れてしまいます。
ただ心臓が動いているから生きている。そんな状態の人の心がどういうふうか、想像できますか?
奥底では『死にたい、消えたい』と絶叫しながら、その方法すらもはやわからず、心から血を流しながら生きていくのはまさに地獄で、うつ病よりももっとひどい状態へと陥っていきます。
そうなる前に周囲の理解と早急な治療が必要なのですが、そうなってしまう人は限界までつらさを外に出さず、一人きりで我慢しがちなので、気付かれるのが遅れがちになってしまいます。
そしてそこから立ち直るのは、容易なことではありません。

(行為のショックよりも、追及すべきは『何故』)
実は『自殺』というのは当事者にとって手段のひとつにすぎません。
注目すべきは自殺という行為そのものよりも『何故それを選んでしまったのか』、これに尽きると思います。
この『何故』の部分が、本人にとって極限のストレス要因と深く関わっていることは確かであり、そこを発見して駆逐することこそが自殺を食い止める手立てとなったはずです。
なぜなら死は、ある意味『最大限の逃避』だから。
ですがここで勘違いしないでください。『自殺=逃げ』ではなく、本人にとっては『永遠の休養』に近いものがあります。
人が生き物である以上、最後はみな等しく死が訪れ、人生は終わります。
ですが心が追い詰められている時は、永遠に終わりなんてないような感じがしてしまい、このつらさからずっとずっと、気の遠くなるような未来の先まで解放されないのではと思いつめてしまいます。
つらい現実に心がぼろぼろになり、もうそろそろ休みたい、だけど明日はやってきてしまう……そんな時ふと、考えるのです。『いっそこの心臓が止まってしまったら』と。
だからこそ、着目すべきは『原因』となりえるストレス要因なのです。それを解決できれば、死という選択をする必要はないのですから。