友人

もしも友人がうつになったら?知っておきたい友人としての接し方

現代社会で年々患者が増加傾向にあるうつ病。
もしかしたらあなたの友人がそうなってしまう可能性も、もはや否定はできません。
ではもし、友人がうつ病になってしまったら、あなたはどのように接したらいいのでしょうか。
『なんと声をかけたらいいの?』『遊びの誘いはしてもいいの?』など、友人とコンタクトを取ろうとした時、様々な疑問がわいてくるかもしれません。
そんな時に思い出して欲しい、『友人としての接し方』について、患者の立場からお話したいと思います。

(基本姿勢は『対等な友人関係』を保って)
たとえ友人から『うつ病になった』と告白を受けても、あなたと友人の関係そのものが変わるわけではありません。
告白された途端、どう接していいのか迷って腫れ物扱いするのはNG。
『自分が病気になったせいで、友人の態度が変わってしまった』と思い、患者を落ち込ませる原因となります。
大切なのは普段どおりの『対等な友人関係』を保つこと。
例えば、友人が風邪を引いたときのことを思い浮かべてください。あなたはどんな言葉をかけますか?
『大変だなあ、無理しないでね』程度の言葉であることが多いと思いますが、うつ病に対してもそれでOK。
むしろ、知識のないまま病気について深く突っ込んだり、励ましの言葉を送ると逆効果になってしまうことが多いです。
慌てずまずいつも通り、これが基本です。

(不用意なアドバイスはしない)
あなたはどうにか友人の役に立ちたい、友人に早く立ち直ってほしいと考え、こうしたら、ああしたらとアドバイスをしたくなるかもしれません。
その気持ちはありがたいことですが、残念ながら不用意なアドバイスは患者にとってマイナス要素となってしまいます。
『せっかく友人がアドバイスしてくれたのに、それができないと友人でいられなくなるんじゃないか』と焦り、『友人の期待に応えられない自分はだめな奴だ』と落ち込む。
『そんなつもりで言ったんじゃないのに!』とあなたはきっと思うでしょうが、マイナス思考が螺旋のようにぐるぐる積み重なっていくのがうつ病なのです。

(話の聞き役に回る)
アドバイスがだめならどうしたらいいの?とお思いでしょう。
友人のあなたにまずできることは『話の聞き役になること』、これに尽きると思います。
ただ、相手の話に相槌をうちながら頷いていく。途中で話を遮って反論したりせず、ただ話を聞いていくこと。
えっそれだけ?と感じられるかもしれませんが、実はうつ病の患者にとって、とても必要なことなのです。
うつ病の患者は常に孤独感や喪失感を抱えています。そんな彼らにとって、ただ自分の話を聞いてくれる人の存在は、自分を受け入れてくれていると実感できる癒し。
あなたが友人の役に立ちたい、どうにかしたいと思われるなら、まずは友人の話を真摯な気持ちで聞いてみましょう。

(できるだけ愚痴は避けて)
あなただって時には愚痴を言いたくなることもあるでしょう。
ですがちょっと待って。うつ病の患者に対して愚痴を言うのはできたら避けて欲しいこと。
人の愚痴の聞き役に回るのは、ある程度心に余裕がないとできないことです。
うつ病の患者にはとてもそういった余裕はなく、場合によってはその愚痴を聞くことで落ち込んでしまうことも。
例えば、うつで仕事のできない人へ仕事の愚痴を言ってしまうと、患者は『そもそも仕事そのものができていない自分』を思い知らされてひどく落ち込んでしまったり。
相手の病気が治るまでの間、あなたの愚痴はできたら他の友人へお願いします。

(遊びの誘いは慎重に)
一人では出かけづらいうつ病の人を気分転換に外に連れ出すことは、患者にとってもありがたいことですが、少し注意点があります。
まず、約束を反故にされても怒らないこと。
うつ病の人は自分の思ったように体を動かせず、その日になってみたら布団から体を起こせない、指一本うごかすのも辛い状態に陥ってしまった……なんてことがままあります。
そして、それが原因で約束を守れない自分をひどく嫌悪し、だめな人間だと思い込んでしまったりします。
約束をする時は『無理そうだったら別の日でいいから言ってね』と、患者の心に逃げ道を与えておくことが大切になってきます。
また、うつ病の患者は疲れやすいため、人の多い場所や遠方への誘いはできたら避けたほうが無難です。
近場の隠れ家的なお店にランチ程度にとどめておいて、相手が徐々に回復してきたら少しずつ大きな場所へ連れ出すようにするとよいでしょう。

(急に連絡が取れなくなることも)
うつ病の患者は、ある日突然連絡を絶ってしまうことがあります。
その時の状態としては、体が動かせない、起きられない、ひどく落ち込んで誰とも接したくない、電話が鳴るのが怖い、などといったものがあげられ、単純に返事をするのがひどく負担な状態であることが多いです。
ここで活躍するのがメールです。電話はかかってきたその時に応対しなくてはなりませんし、直接ではないといえ人と会話しなくてはなりません。
その点メールは文章を読むだけですし、返事は好きなときにすることができます。
『大丈夫?何かあったら言ってね』程度に返事を強要しないメールを時々送り、しばらく様子を見てみましょう。
自殺を図ろうとしていた場合、ひとことのメールで『自分には心配してくれる人がいる』とその行為を食い止めることができるかもしれませんし、単に体調が悪かったり落ち込んでいる時も、心の支えになります。
調子が回復したらまた返事はくるようになりますし、その中で何故連絡をよこさなかったのか、打ち明けてくれることもあるでしょう。
そして、心配するメールを送ったあなたへの信頼度は、患者の中でより上がるはずです。

基本姿勢は友人として対等なまま、ほんの少しいつも以上の優しさをもって接すること。
なによりまず『友人は病気で、病気がこうさせているんだ』とよく理解することが大切です。