うつ病の恋人と別れる選択肢

うつ病の恋人と別れたい・・・距離を置いて二人の関係を考える時間を

過剰なストレスや環境の変化、本人の性格や性質などが原因となって現われる「うつ病」は、誰もが発症し得る病気でもあります。

「自分はうつ病になんてならない」と頑張り続けてしまったり、心も身体も疲れているのに休養を取らなかったり、自分の許容範囲を超えて無理をしてしまうとうつ病を発症しやすい状態になってしまいます。

最初はちょっと気分が優れない程度の症状でも、毎日のように憂うつな気分になったり、食欲がなくなってきたり、眠れなくなったり、身体がだるくてやる気が起こらなかったり、といった状態が長期間続いているような場合は、うつ病を発症している恐れが考えられます。

このような症状が2週間以上続いているなど一時的なものではない場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。うつ病は心療内科や精神科で治療を受けることができますので、まずは病院に行ってしっかり診断してもらうことが大切です。

しかし、うつ病を発症している本人は「自分はうつ病ではない」と思っていることも少なくありません。

自分でうつ病であることに気付かず、いつも通りの生活を送ってしまうこともあるため、周囲から見て少しでもおかしいな、と思ったら何でも良いので本人の話を聞いてあげるようにしましょう。

家族だけではなく、友達や恋人といった身近な存在の人がうつ病になってしまう恐れも十分に考えられることですから、いつもと様子が違うとか最近元気がないといった変化が見られていたら、話を聞いて病院に行くことを勧めてあげてください。

強制的に勧めるのではなく、「病院の先生に話を聞いてもらってみたら?」と気軽に病院に行けるよう話してみると良いでしょう。

うつ病は適切な治療を受けることで症状を改善させていくことができる病気ですから、できるだけ早めに治療を始められるよう、周囲の人の変化にも注意してみるようにしてください。

ただ、うつ病の人と付き合っていくうちに、自分自身も段々と疲れてきてしまった、ということもあるものです。
(⇒うつ病の人と付き合うことに疲れたら

うつ病の人の不安定さに振り回されて、一緒にいると自分まで気持ちが落ち込んでくるなど、実際にうつ病を発症してしまうケースも決して少なくありません。

そのような状態にならないよう、うつ病の人と付き合っていくにしても、ある程度の距離感を保つことが大切なのですが、恋人などとても近しい存在の場合は近づきすぎてしまうことで、互いにうつ状態に陥ってしまうことが多く見られています。

こうしたことから「うつ病の恋人と別れたい」と考える人も少なくないのですが、相手のことが心配で離れられない、という気持ちもあるものですよね。

大好きな人だからこそ自分には支えきれない、別れるしかない、と考えてしまった場合は、まずは別れるのではなく少し距離を置いてみることをおすすめします。

一度うつ病の恋人と距離を置くことで、二人の関係性についてよく考える時間を作ってみると良いでしょう。
(⇒うつ病の恋人と長く付き合っていくためには