うつ病の人との付き合い方

うつ病の人と付き合うことに疲れたら周りにいる人達も休養を取って

人と人とのコミュニケーションは、私達が生きていく上で欠かせないものです。しかし、時には誰とも話をしたくない、誰にも会いたくないと思ってしまうこともありますよね。

こうした感情になってしまうことは誰でもあるものですが、大抵は一時的なものです。落ち込んでいて誰にも会いたくない、と感じていても、時間が経つにつれて憂うつな気分も徐々に薄れていきます。

ただ、気分が落ち込んでいる状態が長く続いていて、人に会いたくない気持ちが長期化しているような場合は、うつ病を発症してしまっている恐れが考えられるので注意が必要です。

もし、皆さんが大切に思っている家族や恋人、友達にこうした症状が現れていたら、まずは本人の話をよく聞いてあげるようにしましょう。

話を聞いてもらうだけでもうつ状態は緩和し、気持ちも少しずつ楽になっていきます。最近家族の様子がおかしい、恋人や友達に元気がないなど、何らかの変化が見られているようであれば、何でも良いので話を聞いてあげてみてください。

また、うつ病は適切な治療を受けることで症状を改善していくことができる病気なので、早めに病院に行くことを勧めるようにしましょう。
(⇒うつ病の治療は心療内科や精神科で

人によっては病院に行くことを拒否することもありますが、そのような場合は強制せず、ゆっくり見守ることも大切です。

うつ病である自覚がない患者も多いので、治療を受けに行く、というよりもちょっと医師に相談しに行くような雰囲気で病院の受診を勧めると良いでしょう。

うつ病の治療は基本的には通院治療で自宅で療養することになりますから、家族の皆さんの協力が必要となります。うつ病は一人で治療できる病気ではないので、できる限りのことは協力してあげるようにしましょう。
(⇒うつ病になったら周りに人がいる生活を

しかし、時には患者の不安定さに振り回されて疲れてしまうこともあるものです。うつ病の人と付き合っていくと、どうしてこの人はうつ病になんてなってしまったのか、自分は一体どうやって接することが正解なのか、このままでうつ病は治るのか、といったように、周りにいる皆さんまで悩んでしまうことも増えてしまいますよね。

それだけ患者本人に対する思いが強く、どうにか救ってあげたいと感じている証拠でもあるのですが、支える側である皆さんが悩んでしまうと、今度は皆さんがうつ状態に陥ってしまう恐れも考えられます。

うつ病の家族や恋人に付き合っていたら、自分までうつ状態になってきてしまった、というケースは決して珍しくありません。

うつ病の患者を助けようと頑張るあまりに、うつ状態に陥ってしまうこともあるので、うつ病の人と付き合っていくことに疲れてしまったら、皆さんも休養を取ることをおすすめします。

何事に対しても患者のことを気にする必要はありませんし、患者を優先に行動しなくてもいいのです。うつ病の人を助けようとするだけではなく、まずは自分の心と身体を大事にしてあげてくださいね。