うつ病患者の依存させすぎに注意

「うつ病だから」と言い訳をしない!他人に依存させすぎないように

うつ病の症状を改善させるためには、まず自分一人で頑張らないようにすることが大切です。

一般的に真面目で几帳面な性格の人、何事に対しても完璧主義の人、他の人に頼らず何でも自分でやろうとしてしまう人がうつ病を発症しやすいと考えられているため、うつ病の発症を予防・改善するためにも、性格や性質を見直し、一人で頑張ることを避けることが重要な治療法となっているのです。

今まで他人に頼らず何事も一人で頑張ってしまっていた皆さんは、うつ病を発症したことをきっかけに自分のことを少し甘やかしてあげることを覚えてください。

一人で頑張り続けてもうつ病の症状は一向に改善されませんので、まずは他人を頼ってみることから始めてみましょう。

仕事についてもそうですし、毎日の家事についても周りにいる家族を頼ってみるなど、自分一人で抱え込まないようにしてくださいね。

しかし、うつ病の患者によってはこうした生活を続けていくことによって、他人に依存しすぎてしまうこともあるので注意が必要です。

「自分はうつ病だから」という言い訳から、何でも他人任せにしてしまう、自分でできることも他人にやってもらうようになるなど、うつ病を発症したことをきっかけに本来ならば自分でできることも自分でやることを諦めてしまう、という人も少なくありません。

もちろん、うつ状態がひどい場合は自分から何かを行動することができなくなってしまっているため、他人に頼らなくてはならない状態になっていますが、何につけても「自分はうつ病だから」という言い訳を使っていては、治るものも治らなくなってしまいます。

うつ病の症状を改善させるためにはまず他人に甘えることが大切ですが、その先にはやはり他人の力を借りながらも自分自身で生きていく力を養うことが必要となっていきます。

うつ病を治したいのであれば、うつ病であることを言い訳にせず、自分自身の力で生きていくために自ら行動に移していくことが大切なのです。

基本的に抗うつ薬などの薬物療法によってうつ状態を緩和させていきますが、薬物療法だけではうつ病を完治させることはできません。

うつ病になってしまった原因であるストレスを取り除き、環境を変えて休養を取ることを第一に考えなければなりませんし、認知行動療法によって今までの自分で考え方を徐々に変えていくこともうつ病から抜け出すためには必要となっています。

何でも他人任せにして薬物療法だけに頼っていてもうつ病は治すことができませんので、まずは「うつ病だから」という言い訳をすることをやめる、家事でも仕事でも勉強でも少しずつで良いので自分でチャレンジしてみる、何に対しても「できなくても大丈夫」と考えてみるなど、まずはやってみることから始めてみてください。

家族など周囲の皆さんも患者が自分から前に進めることができるように、他人に依存させすぎないよう見守っていくようにしましょう。