家族がうつ病になってしまったら

どうすれば救うことができる?自分の家族がうつ病になってしまったら

うつ病は誰にでも発症する恐れがある病気です。特に真面目で几帳面な性格など、何事に対しても完璧を目指してしまうようなタイプの人はうつ病を発症しやすいと考えられています。
(⇒うつ病を発症しやすい性格

その他、誰かから物事を頼まれると断れない、誰にでもいい顔をしてしまう、人目を気にしすぎてしまうなど、周囲に対して神経を使うことが多いタイプの人もうつ病を発症しやすい傾向があるため、あらかじめ注意しておくことが必要です。

では、このようなうつ病を大切な家族が発症してしまった場合、私達は一体どのように対処していけば良いのでしょうか?

うつ病は誰しも発症する恐れがあるので、皆さんの家族がうつ病になってしまうことも決して無いとは言い切れません。

もし家族がうつ病になってしまった時、自分が家族の一員としてできることは何があるのでしょうか。どうすれば家族をうつ病から救うことができるのでしょうか。

ここでは家族がうつ病を発症してしまった時の対処方や接し方について見ていくことにしましょう。

まず、うつ病はなかなか自分自身で症状に気付くことが少ない病気であることが特徴的となっています。もちろん自分で「おかしい」と感じることもありますが、うつ病が進行していくに連れて自分がうつ病を発症しているとは気付きにくくなっていきます。

他人が指摘しても「自分はうつ病ではない」と言い張る人もいますし、病院に行くことを進めても拒否することも珍しくありません。

うつ病は早めに対処することが望ましいのですが、こういった場合はすぐに病院を受診させることができないため、まずは家族である皆さんがゆっくりと話を聞いてあげるようにしましょう。

悩んでいること、苦しいこと、悲しいこと、相手が話したいペースで話を聞いてあげることによって、相手の心は徐々に楽になっていきます。

話を聞くだけでうつ病の症状が治るわけではあいrませんが、心の負担は少しずつ軽くなっていきます。話をしていく中で病院に行くことを勧めることも必要ですが、決して強制はしないようにしてください。

うつ病を完治させるためというよりも、医師に話を聞いてもらいに行く感覚で病院を受診するようにしましょう。

また病院にはうつ病を発症している恐れがある本人だけではなく、周囲にいる皆さんも家族として付き添っていくことをおすすめします。

うつ病は一人で完治させることができる病気ではありませんし、医師による治療、抗うつ薬などを使用した薬物療法だけでも治すことができる病気ではありません。

周囲にいる人々、特に家族の協力あってのうつ病治療となりますので、病院への受診は家族の皆さんも付き添ってあげるようにしてください。

また、うつ病を発症している本人に対しての接し方についても、無理は絶対にさせないこと、協力できるところはサポートすること、そしてうつ病を言い訳にして甘えさせすぎないようにすることなどに注意しておきましょう。