失恋が原因のうつ病について

失恋したことをきっかけにうつ病を発症するケースも、恋愛と精神疾患

恋人に振られてしまった、片思いをしていた人にはもう恋人がいた・・・など、失恋をした経験は誰にでもあるものですよね。

失恋をした当初は辛くて辛くてどうしようもない状態でも、徐々に気持ちが晴れ晴れとしてきて、また新しい恋を始める人もいますし、一緒にはなれなかったけれど人を好きになれたことの素晴らしさを実感する人も多いかと思います。

人によっては思い切り泣いて忘れたり、美味しい物をいっぱい食べてみたり、友達に愚痴を言ってみたりしながら、失恋の傷を癒そうをしていくこともあります。

人はこうして失恋を乗り越えていくものですが、失恋したことをきっかけにうつ病を発症してしまうケースもあるので注意が必要です。

誰もが経験し得る失恋は、人によっては大きな痛手となってしまい、心に大きな穴がポッカリと空いたように無気力になってしまうことがあります。

失恋をした日を境に何もやる気が起こらなくなり、仕事や勉強にも集中できなくなる、誰にも会いたくない、誰とも話したくない、もう生きていても仕方がない、といったようにどんどん憂うつな気分に飲み込まれていってしまいます。

もちろん、失恋をした直後は「もう終わりだ」とか「もう何もかもが嫌だ」といった気持ちになるものですが、大抵の場合は時間が経つことで傷も徐々に癒えていきます。

しかし、この状態が長期的に続いているような場合は、うつ病を発症している恐れが考えられるので、早めに医師に相談することをおすすめします。

これは恋人に振られてしまったという失恋はもちろん、恋人が事故や病気で突然亡くなってしまったなど恋人を失ったショックからうつ病になってしまうケースもありますので、様々な失恋の形でうつ状態に陥ってしまうことが考えられます。

一時的に落ち込んでいるだけなら良いのですが、仕事や勉強が手につかなくなる、家事が一切できなくなる、人と話をすることができなくなるなど、普通に生活を送ることができなくなってしまっているような場合は、一度医師に相談してみてください。

うつ病を発症すると何をするにしても行動することができなくなってしまうため、自分から病院に行く気力さえなくなってしまうこともあります。

また、自分がうつ病を発症していることに気付いていない患者も多いため、少しでもおかしいと思う点があれば周りの人が気にかけてあげるようにしましょう。

もしうつ病を発症していた場合は、失恋というきっかけをどうにかするよりも、症状を治療していくことを優先して考えることが必要です。

医師の元で薬物療法を行なったり、認知行動療法を行なったりして治療を受けることになりますので、周囲にいる家族などの力を借りながら症状を改善させていきましょう。

失恋を引きずってしまうことは誰にでもあることですが、あまりにも気分の落ち込みが大きい場合、無気力になって生活に影響が出ているような場合には、すぐ医師に相談するようにしましょう。