うつ病の伝染に注意

うつ状態は伝染する?深く関わってはいけない患者の気分の不安定さ

もし大切な家族、友達、恋人がうつ病になってしまったら、皆さんはどのような行動を取るでしょうか?

うつ病という病気に対する理解を深めるためにうつ病について調べる、本人の力になれるように様々なことに協力していく、本人の気持ちがわかるよう自分なりに努力しながら接するなど、人それぞれ取る行動も異なってくると思いますが、やはり根底にあるのは「助けたい」とか「力になりたい」という前向きな気持ちかと思います。

うつ病は一人きりで治せる病気ではありませんし、薬を服用するだけで完治させることができる病気でもありません。

もちろん、症状を改善させるためには抗うつ剤などの薬を適切に服用することが重要ですが、薬の力だけではなく、周りにいる皆さんの支えがあって始めてうつ病は改善に向かいます。

うつ病を発症している本人がうつ病と向き合うことも大事ですが、その周囲にいる皆さんがうつ病をしっかり理解することも必要なのです。

特に一緒に暮らしている家族は、うつ病という病気の特徴を理解し、うつ状態が少しでも良くなるようにできる協力するようにしましょう。

家族の理解が足りない場合は、自宅で休養を取っても十分に休むことができず、かえって症状が悪化してしまう恐れも考えられます。

もし自宅で休養が取れない場合は入院治療を受けることもできますので、病院に入院してうつ病の症状を回復させることも治療法の一つとして考えてみると良いでしょう。

こうした入院治療は、自宅で休養を取ることができない患者自身のためだけではなく、患者の世話をすることに疲れてしまった家族の皆さんの健康を守るためにも利用することをおすすめします。

うつ病は誰しも発症する恐れのある病気で、と考えられています。

ストレスを感じる事柄は人それぞれ異なるものの、やはり仕事や学校といった特定された環境、人間関係によるストレスがうつ病の発症に大きく関わっているとされています。

また、うつ病の患者を支える側である人々もこうしたストレスを抱えていることが多く見られ、実際にうつ状態に陥ってしまう人も少なくありません。

自分がうつ病の人を支えなければならないのに、自分までうつ状態になっている場合ではない・・・と思う人もいるかもしれませんが、このような考え方をしなければならない状態がそのままうつ状態に繋がってしまうので、うつ病の人と関わっていくことに疲れてしまったら、一度距離を置いて休養を取ることをおすすめします。

うつ病になりやすい性格の人は、うつ病の患者からうつ状態が伝染してしまうこともあるので、協力をするにしても一歩引いてみること、気分の不安定さに深く関わりすぎないこと、時には全く構わないようにすることなど、うつ病の人を中心に生活を送ることから離れてみてください。

うつ病の人を支えていくためにも、まずは自分自身の健康にも気を遣うようにしましょう。