うつ病治療は焦らないことが重要

焦らずゆっくり、うつ病は治らなくても大丈夫と受け入れることが大事

精神疾患の多くは、過剰なストレスが主な原因となっています。

様々ある精神疾患の中でも「うつ病」は特に有名ですが、うつ状態に陥ってしまう原因は人間関係によるストレス、環境の変化によるストレス、仕事や勉強のストレスなどで、心身に負担がかかることによってうつ病を発症してしまう、と考えられています。

うつ病は誰もが発症する恐れがあり、特に性格が真面目で几帳面だったり、何事に対しても完璧を目指してしまったり、他人に嫌われないように必要以上に気を遣ったりする傾向が強い人は、うつ病を発症しやすい性格と考えられています。

例えば、仕事や家事を頑張りすぎてしまうとか、他人に頼らず何でも一人でやらなければ気が済まないとか、いつも周りの人達の顔色を伺ってしまう、といったような傾向がある場合は、比較的うつ病を発症しやすいと言われているので、自分の性格を見つめ直してみるなどしてうつ病をあらかじめ予防することも大切です。

うつ病は予防できる病気ですし、適切な治療を受けることで症状を改善させていくこともできる病気です。

まずはうつ病の症状としっかり向き合い、自分のペースで治療を続けていくことから始めていきましょう。

決して焦ってうつ病を治そうとすることはありません。むしろ、その焦りがうつ状態を悪化させてしまうこともあるため、焦らずゆっくりと症状を改善させていくよう心がけてください。

うつ病を発症している患者本人はもちろんですが、周りにいる家族の皆さんも「早く良くなるといいね」というような言葉はかけず、「ゆっくり元気になっていこうね」といったように、患者の気持ちを焦らせないように注意しましょう。

うつ病を発症すると仕事や学校に行く気力もなくなってしまうことがありますが、患者自身は「早く仕事に行かなきゃ」とか「学校の勉強に遅れてしまう」といった不安や恐怖にかられてしまっている状態です。

さらに「うつ病を早く治さなきゃ」という気持ちにもなってしまうのですが、このような状態に陥ってしまうこと自体がうつ病の大きな特徴となっています。

うつ病を治すためには「うつ病を早く治さなければならない」といった考え方から抜け出すことがまず必要なので、家族の皆さんは自宅でゆっくりと休養を取らせるようにしてください。

究極は「うつ病は治らなくても大丈夫」と心に受け入れていくことも大切です。そのままの状態で仕事や学校に行き続けても症状は悪化するばかりですし、他の精神疾患を併発してしまう恐れも考えられますので、まずは休養を大事にしてください。

また、うつ病は再発しやすい病気でもあるため、少し症状が良くなってきたように感じた場合でも、決して無理をさせることなどないよう注意しましょう。

実際にうつ病は患者本人にもよく分からない病気ですし、周りにいる皆さんも患者以上に分からないことだらけかと思いますが、何か少しでも不安なことがあればすぐに医師に相談しましょう。