大切な人がうつ病になってしまったら

記事一覧

「うつ病だから」と言い訳をしない!他人に依存させすぎないように

うつ病の症状を改善させるためには、まず自分一人で頑張らないようにすることが大切です。

一般的に真面目で几帳面な性格の人、何事に対しても完璧主義の人、他の人に頼らず何でも自分でやろうとしてしまう人がうつ病を発症しやすいと考えられているため、うつ病の発症を予防・改善するためにも、性格や性質を見直し、一人で頑張ることを避けることが重要な治療法となっているのです。

今まで他人に頼らず何事も一人で頑張ってしまっていた皆さんは、うつ病を発症したことをきっかけに自分のことを少し甘やかしてあげることを覚えてください。

一人で頑張り続けてもうつ病の症状は一向に改善されませんので、まずは他人を頼ってみることから始めてみましょう。

仕事についてもそうですし、毎日の家事についても周りにいる家族を頼ってみるなど、自分一人で抱え込まないようにしてくださいね。

しかし、うつ病の患者によってはこうした生活を続けていくことによって、他人に依存しすぎてしまうこともあるので注意が必要です。

「自分はうつ病だから」という言い訳から、何でも他人任せにしてしまう、自分でできることも他人にやってもらうようになるなど、うつ病を発症したことをきっかけに本来ならば自分でできることも自分でやることを諦めてしまう、という人も少なくありません。

もちろん、うつ状態がひどい場合は自分から何かを行動することができなくなってしまっているため、他人に頼らなくてはならない状態になっていますが、何につけても「自分はうつ病だから」という言い訳を使っていては、治るものも治らなくなってしまいます。

うつ病の症状を改善させるためにはまず他人に甘えることが大切ですが、その先にはやはり他人の力を借りながらも自分自身で生きていく力を養うことが必要となっていきます。

うつ病を治したいのであれば、うつ病であることを言い訳にせず、自分自身の力で生きていくために自ら行動に移していくことが大切なのです。

基本的に抗うつ薬などの薬物療法によってうつ状態を緩和させていきますが、薬物療法だけではうつ病を完治させることはできません。

うつ病になってしまった原因であるストレスを取り除き、環境を変えて休養を取ることを第一に考えなければなりませんし、認知行動療法によって今までの自分で考え方を徐々に変えていくこともうつ病から抜け出すためには必要となっています。

何でも他人任せにして薬物療法だけに頼っていてもうつ病は治すことができませんので、まずは「うつ病だから」という言い訳をすることをやめる、家事でも仕事でも勉強でも少しずつで良いので自分でチャレンジしてみる、何に対しても「できなくても大丈夫」と考えてみるなど、まずはやってみることから始めてみてください。

家族など周囲の皆さんも患者が自分から前に進めることができるように、他人に依存させすぎないよう見守っていくようにしましょう。

うつ病になったのは自分のせい、罪悪感を持つよりも今の生活を大事に

いつも一緒にいる家族、支えになってくれていた友達や恋人がうつ病になってしまった・・・そんな時、何もしてあげらなかった自分のことを責めてしまったことはありませんか?

近くにいたのにうつ病の発症を防いであげることができなかった、調子が良くないことに気づいてあげられなかったなど、後悔してしまっている人も多いのではないでしょうか。

さらには「うつ病を発症したのは自分のせいだ」と、罪悪感を持っている人も見られるため、うつ病の患者の周りにいる皆さんの健康状態にも注意が必要です。

うつ病の人と付き合っていくと、一緒にいることが疲れたり、弱音を聞かされることに嫌気が差したり、もう離れたいと思うこともありますが、こうした辛さとは反対に「うつ病になったのは自分が悪い」と思い詰めてしまう場合も見られています。

どちらにしても辛いことには変わりはないのですが、大切な人がうつ病になってしまったことに対して、皆さんが自分自身を責める必要はありません。

家族や友達、恋人などいくら大切な人でも、皆さんのせいではないですし、気づいてあげることができなかったと言っても、皆さんだけが気づいていなかったわけではないのです。

また、こうして自分のことを責め続けていると、皆さんまでうつ状態に陥ってしまう場合も考えられます。

うつ病の人と過ごしていることでストレスが溜まり、うつ状態に陥ってしまう人も実際に見られていますが、大切な人がうつ病になったことに対して自分に原因を当てはめてしまう場合も、同様にうつ状態に陥りやすくなっています。

うつ病は一般的に真面目な性格の人が発症しやすいと考えられているため、こうした罪悪感を持ってしまうことによってうつ状態に陥ってしまうことも珍しくありません。

皆さんまでうつ病を発症してしまっては、それこそ誰もうつ状態から抜け出せなくなってしまいますから、せめて皆さんだけはうつ病の発症を防いでいくようにしてください。

皆さんが元気でいることは、皆さん自身のためでもありますし、うつ病になってしまった大切な人を守るためにも必要なことです。支える人が元気でないと、辛い状況で守ってあげることさえできなくなってしまいますよね。

大切な人をうつ状態から救ってあげたい、うつ病を治してあげたい、と思うのであれば、これからは罪悪感を持つことはやめて、今の生活を大事にするように心がけていきましょう。

うつ病の発症原因を探ることも必要ですが、それ以上に重要なのは、うつ病の症状とこれからどう向き合っていくか、ということです。

発症原因を取り除くだけでは、うつ病を完治させることはできません。医師や家族をはじめとした周りの人々の協力、患者本人がうつ病であることを受け入れ、うつ状態を克服していくためにできることを実行に移していくことが大切なのです。

うつ病になってしまったことを嘆くよりも、これからの生活を少しでも良くすることを第一に考えていきましょう。

うつ病の改善にも繋がるそれぞれの性格や他の疾患についての理解

端からは同じように見える「うつ病」という病気でも、患者それぞれ現われる症状は異なりますし、症状の程度にも差があります。

さらに患者によってはうつ病以外の精神疾患を併発していることもあるため、うつ病以外の治療についてもよく考えていかなくてはなりません。

もちろんうつ病を治療する期間もそれぞれ違いますし、自宅で薬物療法を行なう場合もあれば、病院に入院して治療を行なう場合もあるので、まずは医師の指示に従って適切な治療を受けることが重要となっています。

また、うつ病の治療には家族など患者の周りにいる人々の協力も欠かせません。うつ病は一人で治すことができる病気ではありませんし、医師から処方された薬を服用していれば治る病気というわけでもありませんから、家族の皆さんも患者がうつ状態から抜け出すために精一杯協力していくことが大切です。

そこで家族の皆さんにお願いしたいのが、患者の性格に対する理解です。

一般的にうつ病はストレスや環境の変化といったものが発症原因と考えられていますが、患者それぞれの性格もうつ病の発症や悪化に関わっているため、性格に対する理解を深めることでうつ病の発症を防いだり、症状の悪化を食い止めることも可能となっているのです。

特にうつ病を発症しやすいと言われているのは、真面目で几帳面な性格の人、完璧主義の人、周りの目を気にしすぎてしまう人、誰にでも良い顔をしてしまう人、他人から頼まれた物事を断ることができない人など、自分に対して厳しく、他人のことを必要以上に気にかけてしまう性格の人が挙げられます。
(⇒うつ病を発症しやすい性格

仕事にしても家事にしても何事も完璧にこなさなくては気が済まない、周りに嫌われたくないから、といってついつい無理をしてしまうような人はうつ状態に陥りやすくなっています。

現在はうつ病を発症していない場合でも、同じ状況が長期的に続いていくとうつ病を発症してしまう恐れが高まってしまうのであらかじめ注意が必要です。

家族など周囲の皆さんも患者のこうした性格を理解していくことで協力できる部分は協力していくなど、患者の負担を少なくさせてあげてください。

全てを手伝う必要はありませんので、患者本人が一人ではできないことは皆さんもしっかり協力していくことを心がけていきましょう。

また、患者がうつ病以外の病気を発症していたような場合は、その病気に対する理解を深めることも必要です。

うつ病と併発しやすい精神疾患には様々な症状がありますので、それぞれの病気の特徴をよく理解し、治療への協力体制を整えていくことも家族の皆さんあってのものです。

例えば、パニック障害などは症状の改善に「曝露療法」が効果的ですが、家族の皆さんが付き添ってあげることで患者は曝露療法を行なうことに安心感を得ることができます。

恐怖を感じる状況に少しずつでも慣れていくことができるように、患者の周囲にいる皆さんは優しく見守ってあげてくださいね。

うつ病の恋人と別れたい・・・距離を置いて二人の関係を考える時間を

過剰なストレスや環境の変化、本人の性格や性質などが原因となって現われる「うつ病」は、誰もが発症し得る病気でもあります。

「自分はうつ病になんてならない」と頑張り続けてしまったり、心も身体も疲れているのに休養を取らなかったり、自分の許容範囲を超えて無理をしてしまうとうつ病を発症しやすい状態になってしまいます。

最初はちょっと気分が優れない程度の症状でも、毎日のように憂うつな気分になったり、食欲がなくなってきたり、眠れなくなったり、身体がだるくてやる気が起こらなかったり、といった状態が長期間続いているような場合は、うつ病を発症している恐れが考えられます。

このような症状が2週間以上続いているなど一時的なものではない場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。うつ病は心療内科や精神科で治療を受けることができますので、まずは病院に行ってしっかり診断してもらうことが大切です。

しかし、うつ病を発症している本人は「自分はうつ病ではない」と思っていることも少なくありません。

自分でうつ病であることに気付かず、いつも通りの生活を送ってしまうこともあるため、周囲から見て少しでもおかしいな、と思ったら何でも良いので本人の話を聞いてあげるようにしましょう。

家族だけではなく、友達や恋人といった身近な存在の人がうつ病になってしまう恐れも十分に考えられることですから、いつもと様子が違うとか最近元気がないといった変化が見られていたら、話を聞いて病院に行くことを勧めてあげてください。

強制的に勧めるのではなく、「病院の先生に話を聞いてもらってみたら?」と気軽に病院に行けるよう話してみると良いでしょう。

うつ病は適切な治療を受けることで症状を改善させていくことができる病気ですから、できるだけ早めに治療を始められるよう、周囲の人の変化にも注意してみるようにしてください。

ただ、うつ病の人と付き合っていくうちに、自分自身も段々と疲れてきてしまった、ということもあるものです。
(⇒うつ病の人と付き合うことに疲れたら

うつ病の人の不安定さに振り回されて、一緒にいると自分まで気持ちが落ち込んでくるなど、実際にうつ病を発症してしまうケースも決して少なくありません。

そのような状態にならないよう、うつ病の人と付き合っていくにしても、ある程度の距離感を保つことが大切なのですが、恋人などとても近しい存在の場合は近づきすぎてしまうことで、互いにうつ状態に陥ってしまうことが多く見られています。

こうしたことから「うつ病の恋人と別れたい」と考える人も少なくないのですが、相手のことが心配で離れられない、という気持ちもあるものですよね。

大好きな人だからこそ自分には支えきれない、別れるしかない、と考えてしまった場合は、まずは別れるのではなく少し距離を置いてみることをおすすめします。

一度うつ病の恋人と距離を置くことで、二人の関係性についてよく考える時間を作ってみると良いでしょう。
(⇒うつ病の恋人と長く付き合っていくためには

どうすれば救うことができる?自分の家族がうつ病になってしまったら

うつ病は誰にでも発症する恐れがある病気です。特に真面目で几帳面な性格など、何事に対しても完璧を目指してしまうようなタイプの人はうつ病を発症しやすいと考えられています。
(⇒うつ病を発症しやすい性格

その他、誰かから物事を頼まれると断れない、誰にでもいい顔をしてしまう、人目を気にしすぎてしまうなど、周囲に対して神経を使うことが多いタイプの人もうつ病を発症しやすい傾向があるため、あらかじめ注意しておくことが必要です。

では、このようなうつ病を大切な家族が発症してしまった場合、私達は一体どのように対処していけば良いのでしょうか?

うつ病は誰しも発症する恐れがあるので、皆さんの家族がうつ病になってしまうことも決して無いとは言い切れません。

もし家族がうつ病になってしまった時、自分が家族の一員としてできることは何があるのでしょうか。どうすれば家族をうつ病から救うことができるのでしょうか。

ここでは家族がうつ病を発症してしまった時の対処方や接し方について見ていくことにしましょう。

まず、うつ病はなかなか自分自身で症状に気付くことが少ない病気であることが特徴的となっています。もちろん自分で「おかしい」と感じることもありますが、うつ病が進行していくに連れて自分がうつ病を発症しているとは気付きにくくなっていきます。

他人が指摘しても「自分はうつ病ではない」と言い張る人もいますし、病院に行くことを進めても拒否することも珍しくありません。

うつ病は早めに対処することが望ましいのですが、こういった場合はすぐに病院を受診させることができないため、まずは家族である皆さんがゆっくりと話を聞いてあげるようにしましょう。

悩んでいること、苦しいこと、悲しいこと、相手が話したいペースで話を聞いてあげることによって、相手の心は徐々に楽になっていきます。

話を聞くだけでうつ病の症状が治るわけではあいrませんが、心の負担は少しずつ軽くなっていきます。話をしていく中で病院に行くことを勧めることも必要ですが、決して強制はしないようにしてください。

うつ病を完治させるためというよりも、医師に話を聞いてもらいに行く感覚で病院を受診するようにしましょう。

また病院にはうつ病を発症している恐れがある本人だけではなく、周囲にいる皆さんも家族として付き添っていくことをおすすめします。

うつ病は一人で完治させることができる病気ではありませんし、医師による治療、抗うつ薬などを使用した薬物療法だけでも治すことができる病気ではありません。

周囲にいる人々、特に家族の協力あってのうつ病治療となりますので、病院への受診は家族の皆さんも付き添ってあげるようにしてください。

また、うつ病を発症している本人に対しての接し方についても、無理は絶対にさせないこと、協力できるところはサポートすること、そしてうつ病を言い訳にして甘えさせすぎないようにすることなどに注意しておきましょう。

専業主婦はうつ病になりやすい?家事も人間関係も頑張りすぎないで

家事をしようと思っても無気力感に襲われてやる気が出ない、買い物に出かけたくなくなる、子供と遊ぶことが重荷に感じるなど、気分が塞ぎがちになって倦怠感を覚えることが長く続いているような場合は、うつ病を発症している恐れが考えられます。

このような症状の例は主婦の皆さんに多く見られているのですが、特に家に一人でいること、子供だけと過ごすことが多い専業主婦は、うつ病になりやすいとも考えられることがあります。

専業主婦はいつも家にいて好きな時に好きなことをできて楽に過ごしているから、うつ病になんてならないのでは?と思う皆さんも多いかもしれませんが、その人の性格や性質によっては専業主婦という環境がストレスとなって、うつ病を発症してしまう場合もあるのです。

例えば、子供が生まれて仕事を辞めて、家で子供と二人きりで過ごすことが多くなったという場合は、仕事をしていた時とは全く違った生活習慣になりますよね。

特に仕事をバリバリこなしていたようなタイプの人は、家にいること自体にストレスを感じてしまうことがあります。

だからと言って、子供がいることから自由に外出できるわけではありませんし、育児や家事もしっかりこなさなくてはならないので自分の時間も取ることができず、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうことが少なくないのです。

もちろん、仕事が原因でうつ病を発症するケースはありますが、仕事が楽しかった人にとっては仕事を辞めて専業主婦となること自体にストレスを感じてしまうのです。

また、何事に対しても完璧にこなさなければ気が済まない、という皆さんは育児に対しても完璧を目指す傾向があるため、自分で自分を追いつめてしまうことも珍しくありません。
(⇒育児疲れからの解放

その他、近所付き合いや子供の親同士の付き合いなど、仕事をしていた時とは違った人間関係に悩まされる場合も少なくないので、その人間関係からストレスを感じてしまうこともあります。

いわゆる「ママ友」などと呼ばれる人間関係は、その人の性格や性質によっては大きな負担となることもあるのです。

一人になりたいけれど孤立するのは嫌だ、私が孤立したてしまったら子供までいじめられるようになる、といったこともありますし、家で子供だけと過ごすことが多い場合もなかなか気分転換することができず、ストレスが溜まってしまうことも少なくありません。

このように、専業主婦は何かと精神的に負担を感じることも多いため、人によっては専業主婦になることでうつ状態に陥ってしまうこともあるのです。

専業主婦は仕事をしている人に比べて社会的な繋がりが少なく、一見すると楽しく毎日を過ごせるように見られることが多いのですが、専業主婦は専業主婦でまた違ったストレスや環境の変化が影響して、うつ病を発症する恐れがあります。

全ての専業主婦に当てはまるわけではありませんが、何事も無理せず頑張りすぎないよう気をつけていきましょう。

うつ病の恋人と長く付き合っていくためには心に余裕を持つことが必要

大好きな恋人がうつ病になってしまった・・・こんな時、皆さんは恋人に対してどのように接していきますか?

今までと変わらないように接することはまず無理、と思うことがほとんどかと思いますが、あまりに接し方が変わってしまうと相手を不安にさせてしまうことがあります。

うつ病という病気に戸惑うことは仕方のないことなので、どのように接することが正解なのか分からない、という人も少なくありません。

また、今まで通りに接するとかえって相手に負担をかけてしまうこともありますし、昨日と今日では相手の気分が違うことから、接し方を変えなければならなくなってしまう、という悩みも現れるようになってしまいます。

恋人同士だったはずなのに素っ気なくなる、話をあまりしたがらなくなる、電話やメールの回数も少なくなる、一緒に出かけられなくなるなど、恋人らしいことも普通にできなくなってしまうのがうつ病の特徴でもあります。

このままでは付き合っていけない、と思ってしまうことから、どちらかがうつ病を発症したことをきっかけに別れてしまうカップルも珍しくありません。

相手がうつ病を発症したから別れるといった場合もあれば、うつ病を発症した本人から相手に別れを切り出す場合もあります。

嫌いになったわけではないけれど一緒にいることが辛い、自分では全てを支えきれない、どう接していいか分からない、自分がうつ病になったことで相手に迷惑をかけてしまう、といった理由から別れてしまうカップルが多く見られています。

しかし、その反対にうつ病を発症しても今まで通り恋人として付き合っていく、または結婚をして家庭を築く、というカップルもいるため、うつ病は二人を引き離してしまう原因になるだけではないのです。

もちろん、うつ病の患者と長く付き合っていくためには様々な苦労があります。恋人がうつ病で苦しんでいるのに何もできない、その苦しさに押しつぶされそうになることもありますし、もう一緒にいることはできないと考えてしまう日もあります。

ですが、うつ病の人と向き合う上でこのような悩みはあって当たり前のことです。恋人のことを大切に考えているからこそ生まれてくる悩みや苦しみですから、その時間も大切にしていきましょう。

そしてその思いを少しでも楽にするためには、うつ病という病気を理解した上で無責任になることが必要です。うつ病の恋人と長く付き合っていくためには、うつ病を理解するだけではなく、うつ病の特徴と向き合うことである意味での無責任さを心得ることが大切なのです。

相手の気分の変化によってイライラしたり、もう嫌だと投げ出したくなったりした時は、一度距離を置いてみることをおすすめします。
(⇒大切な人がうつ病になってもまずは自分を大切に

うつ病の人を支える側の皆さんまでうつ状態になってしまっては元も子もありませんから、冷静に接することができるようになるまで距離を置いてみてください。うつ病の恋人と付き合っていくためには心の余裕が必要なのです。

大切な人がうつ病になってもまずは自分を大切に、患者との良い距離感

自分の周りにいる人がうつ病になってしまった場合、皆さんならどのように接していきますか?うつ病という病気がどのような病気なのかよく知らないという人も多いですし、正直うつ病の人と付き合っていくなんて面倒、と感じることもあるかもしれません。

しかし、うつ病は誰しも発症する恐れのある病気です。働き盛りの年代から子供、お年寄りまでうつ病になってしまうことがあるため、自分がうつ病になってしまうことも大いに考えられることです。

そのような時に周囲の人に助けてもらえないことは非常に苦しいことですし、辛さも倍になってしまいます。うつ病は決して一人で治していける病気ではないので、周りの人の協力が不可欠なものとなっています。

特に家族の皆さんの協力はなくてはならないものですが、長期間うつ病の人と付き合っていると心も身体も疲れてきて、自分までうつ状態に陥ってしまうことも少なくありません。

うつ病の人を支えるということは、うつ病の人に協力していくということ、うつ病の人を助けるということになりますが、支える側である皆さんがうつ病の人に対して何でもやってあげる必要はありません。

患者によっては一人になりたいという人もいますし、徐々に症状が改善することで自分の力で行動しようと思えるようになってくることもあります。

ただ、うつ病の一人にさせることは非常に危険です。症状が落ち着いてきたといっても薬物療法で服用している薬の効果が現れているだけの場合もあり、今日は気分が良くても翌日はまた気分が不安定になってしまうことも実際に多く見られていることです。

憂うつ感や無気力感に襲われてしまうと何に対してもやる気が出なくなり、自分から動くことさえできなくなってしまうこともあります。このような場合はやはり家族が周りにいることが望ましいので、支えるべきところは支えることが重要とされています。

うつ病の患者と良い距離感を保つことはとても難しく、距離感が遠すぎるとうつ病を悪化させてしまうこともありますし、近づきすぎると今度は皆さんがうつ状態に陥ってしまうこともあります。

時には患者のことを第一に考えるか、自分のことを第一に考えるかで迷ってしまうことも多くなるかと思いますが、そのような場合は皆さん自身のことを一番に大切にしてください。

家族や恋人、友達など自分の周りにいる大切な人がうつ病になってしまっても、まずは自分のことを第一に考えるようにしましょう。

ついつい「この人はうつ病だから私がいなくては何もできない」とか「うつ病ではない私が頑張らなくては」と思ってしまいがちですが、これでは皆さんが疲れてしまいます。

疲れてしまってはうつ病の人を支えることができなくなってしまいますよね。そんな時は皆さんも遠慮せず休んでください。長く付き合っていくためにも、自分を大切にしながらうつ病の患者を支えていくよう心がけていくようにしましょう。

失恋したことをきっかけにうつ病を発症するケースも、恋愛と精神疾患

恋人に振られてしまった、片思いをしていた人にはもう恋人がいた・・・など、失恋をした経験は誰にでもあるものですよね。

失恋をした当初は辛くて辛くてどうしようもない状態でも、徐々に気持ちが晴れ晴れとしてきて、また新しい恋を始める人もいますし、一緒にはなれなかったけれど人を好きになれたことの素晴らしさを実感する人も多いかと思います。

人によっては思い切り泣いて忘れたり、美味しい物をいっぱい食べてみたり、友達に愚痴を言ってみたりしながら、失恋の傷を癒そうをしていくこともあります。

人はこうして失恋を乗り越えていくものですが、失恋したことをきっかけにうつ病を発症してしまうケースもあるので注意が必要です。

誰もが経験し得る失恋は、人によっては大きな痛手となってしまい、心に大きな穴がポッカリと空いたように無気力になってしまうことがあります。

失恋をした日を境に何もやる気が起こらなくなり、仕事や勉強にも集中できなくなる、誰にも会いたくない、誰とも話したくない、もう生きていても仕方がない、といったようにどんどん憂うつな気分に飲み込まれていってしまいます。

もちろん、失恋をした直後は「もう終わりだ」とか「もう何もかもが嫌だ」といった気持ちになるものですが、大抵の場合は時間が経つことで傷も徐々に癒えていきます。

しかし、この状態が長期的に続いているような場合は、うつ病を発症している恐れが考えられるので、早めに医師に相談することをおすすめします。

これは恋人に振られてしまったという失恋はもちろん、恋人が事故や病気で突然亡くなってしまったなど恋人を失ったショックからうつ病になってしまうケースもありますので、様々な失恋の形でうつ状態に陥ってしまうことが考えられます。

一時的に落ち込んでいるだけなら良いのですが、仕事や勉強が手につかなくなる、家事が一切できなくなる、人と話をすることができなくなるなど、普通に生活を送ることができなくなってしまっているような場合は、一度医師に相談してみてください。

うつ病を発症すると何をするにしても行動することができなくなってしまうため、自分から病院に行く気力さえなくなってしまうこともあります。

また、自分がうつ病を発症していることに気付いていない患者も多いため、少しでもおかしいと思う点があれば周りの人が気にかけてあげるようにしましょう。

もしうつ病を発症していた場合は、失恋というきっかけをどうにかするよりも、症状を治療していくことを優先して考えることが必要です。

医師の元で薬物療法を行なったり、認知行動療法を行なったりして治療を受けることになりますので、周囲にいる家族などの力を借りながら症状を改善させていきましょう。

失恋を引きずってしまうことは誰にでもあることですが、あまりにも気分の落ち込みが大きい場合、無気力になって生活に影響が出ているような場合には、すぐ医師に相談するようにしましょう。

うつ状態は伝染する?深く関わってはいけない患者の気分の不安定さ

もし大切な家族、友達、恋人がうつ病になってしまったら、皆さんはどのような行動を取るでしょうか?

うつ病という病気に対する理解を深めるためにうつ病について調べる、本人の力になれるように様々なことに協力していく、本人の気持ちがわかるよう自分なりに努力しながら接するなど、人それぞれ取る行動も異なってくると思いますが、やはり根底にあるのは「助けたい」とか「力になりたい」という前向きな気持ちかと思います。

うつ病は一人きりで治せる病気ではありませんし、薬を服用するだけで完治させることができる病気でもありません。

もちろん、症状を改善させるためには抗うつ剤などの薬を適切に服用することが重要ですが、薬の力だけではなく、周りにいる皆さんの支えがあって始めてうつ病は改善に向かいます。

うつ病を発症している本人がうつ病と向き合うことも大事ですが、その周囲にいる皆さんがうつ病をしっかり理解することも必要なのです。

特に一緒に暮らしている家族は、うつ病という病気の特徴を理解し、うつ状態が少しでも良くなるようにできる協力するようにしましょう。

家族の理解が足りない場合は、自宅で休養を取っても十分に休むことができず、かえって症状が悪化してしまう恐れも考えられます。

もし自宅で休養が取れない場合は入院治療を受けることもできますので、病院に入院してうつ病の症状を回復させることも治療法の一つとして考えてみると良いでしょう。

こうした入院治療は、自宅で休養を取ることができない患者自身のためだけではなく、患者の世話をすることに疲れてしまった家族の皆さんの健康を守るためにも利用することをおすすめします。

うつ病は誰しも発症する恐れのある病気で、と考えられています。

ストレスを感じる事柄は人それぞれ異なるものの、やはり仕事や学校といった特定された環境、人間関係によるストレスがうつ病の発症に大きく関わっているとされています。

また、うつ病の患者を支える側である人々もこうしたストレスを抱えていることが多く見られ、実際にうつ状態に陥ってしまう人も少なくありません。

自分がうつ病の人を支えなければならないのに、自分までうつ状態になっている場合ではない・・・と思う人もいるかもしれませんが、このような考え方をしなければならない状態がそのままうつ状態に繋がってしまうので、うつ病の人と関わっていくことに疲れてしまったら、一度距離を置いて休養を取ることをおすすめします。

うつ病になりやすい性格の人は、うつ病の患者からうつ状態が伝染してしまうこともあるので、協力をするにしても一歩引いてみること、気分の不安定さに深く関わりすぎないこと、時には全く構わないようにすることなど、うつ病の人を中心に生活を送ることから離れてみてください。

うつ病の人を支えていくためにも、まずは自分自身の健康にも気を遣うようにしましょう。

<1 2