専業主婦はうつ病になりやすい!?

専業主婦はうつ病になりやすい?家事も人間関係も頑張りすぎないで

家事をしようと思っても無気力感に襲われてやる気が出ない、買い物に出かけたくなくなる、子供と遊ぶことが重荷に感じるなど、気分が塞ぎがちになって倦怠感を覚えることが長く続いているような場合は、うつ病を発症している恐れが考えられます。

このような症状の例は主婦の皆さんに多く見られているのですが、特に家に一人でいること、子供だけと過ごすことが多い専業主婦は、うつ病になりやすいとも考えられることがあります。

専業主婦はいつも家にいて好きな時に好きなことをできて楽に過ごしているから、うつ病になんてならないのでは?と思う皆さんも多いかもしれませんが、その人の性格や性質によっては専業主婦という環境がストレスとなって、うつ病を発症してしまう場合もあるのです。

例えば、子供が生まれて仕事を辞めて、家で子供と二人きりで過ごすことが多くなったという場合は、仕事をしていた時とは全く違った生活習慣になりますよね。

特に仕事をバリバリこなしていたようなタイプの人は、家にいること自体にストレスを感じてしまうことがあります。

だからと言って、子供がいることから自由に外出できるわけではありませんし、育児や家事もしっかりこなさなくてはならないので自分の時間も取ることができず、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうことが少なくないのです。

もちろん、仕事が原因でうつ病を発症するケースはありますが、仕事が楽しかった人にとっては仕事を辞めて専業主婦となること自体にストレスを感じてしまうのです。

また、何事に対しても完璧にこなさなければ気が済まない、という皆さんは育児に対しても完璧を目指す傾向があるため、自分で自分を追いつめてしまうことも珍しくありません。
(⇒育児疲れからの解放

その他、近所付き合いや子供の親同士の付き合いなど、仕事をしていた時とは違った人間関係に悩まされる場合も少なくないので、その人間関係からストレスを感じてしまうこともあります。

いわゆる「ママ友」などと呼ばれる人間関係は、その人の性格や性質によっては大きな負担となることもあるのです。

一人になりたいけれど孤立するのは嫌だ、私が孤立したてしまったら子供までいじめられるようになる、といったこともありますし、家で子供だけと過ごすことが多い場合もなかなか気分転換することができず、ストレスが溜まってしまうことも少なくありません。

このように、専業主婦は何かと精神的に負担を感じることも多いため、人によっては専業主婦になることでうつ状態に陥ってしまうこともあるのです。

専業主婦は仕事をしている人に比べて社会的な繋がりが少なく、一見すると楽しく毎日を過ごせるように見られることが多いのですが、専業主婦は専業主婦でまた違ったストレスや環境の変化が影響して、うつ病を発症する恐れがあります。

全ての専業主婦に当てはまるわけではありませんが、何事も無理せず頑張りすぎないよう気をつけていきましょう。