うつ病患者にストレスを感じしまったら

話を聞くとイライラ・・・患者の弱音にストレスを感じてしまったら

ちょっとしたことで気分が落ち込んだりイライラしたり、気持ちが不安定になってしまうのがうつ病の特徴です。自分の周りにいる家族、恋人、友達などの大切な人がうつ病を発症してしまったら、私達はどのように対応していけば良いのでしょうか?

うつ病は基本的に薬を服用することで症状を落ち着かせていきますが、薬物療法だけでは完全に治すことはできません。

うつ状態から抜け出すためには、うつ病を発症した原因となっているストレスを取り除くこと、発症した時と同じ状況を作らないようにすること、自分の周りにいる人達の力を借りることなど、環境を変えていくことが大切なのです。

そこで必要となるのが、家族を始めとした周りの人達の協力です。うつ病は決して一人で治せる病気ではありません。

しかし、医師から指示された治療を受け、周りの人達に協力してもらいながら生活環境を楽な状態に変えていくことで、症状は改善されていきます。

治るまでに時間はかかりますが、早く治そうとすることはありません。患者に「早く治さなきゃ」と思わせてしまうことは、うつ状態の悪化に繋がるため大変危険です。

家族など患者の近くにいる皆さんは、焦らずゆっくり治していけるよう、温かく見守っていくようにしましょう。

また、うつ病患者への接し方としては、まず相手のことを否定しないことが大切です。うつ病の人と接していると「どうしてそこまでネガティブに考えるの?」とイライラしてしまうことも増えていきます。

特に「私なんて生きていても仕方ない」「死にたい」などといった弱音を吐くことは多く見られているため、実際に周りにいる皆さんが患者の弱音を聞く機会もよくあることかと思います。

人によってはこうした弱音を聞かされることがストレスになることもあるので、時には強く反論してしまうこともあるかもしれませんね。

どうにもならない状況にイライラしてしまう気持ちは分かりますが、皆さんがうつ病の人に対して反論しても意味はありません。うつ病という病気が患者自身をそうさせてしまっているので、本人にとってもどうしようもないことなのです。

では、患者が弱音を吐いた時、私達はどう対応するべきなのでしょうか?まず、絶対に怒ったり反論したりしないように注意してください。もし怒りたくなったりきついことを言ってしまいそうになったら、患者の側から離れてしまいましょう。

本当は患者の話をただ聞いてあげることが良いのですが、話を聞いているとイライラしてしまうような場合は、患者のことを突き放してしまって構いません。

うつ病の人と付き合っていくためには距離感が重要なので、一緒にいてストレスが溜まるようであれば、少し距離を置くことをおすすめします。

うつ病を発症している本人が無理をすることはもちろん厳禁ですが、これはうつ病の患者を支えている皆さんに対しても同様のことが言えます。無理せず付き合っていくよう心がけてみてくださいね。
(⇒うつ病の人と付き合っていくことに疲れたら