自分ができること

友達・仕事仲間ががうつ病になった・・・いま自分ができること

仲の良い友達やいつも一緒に仕事をしている仲間がうつ病になってしまったら、私達は一体どうすれば良いのでしょうか?うつ病は誰もがかかる恐れのある病気なので、皆さんの友達や仕事仲間が発症してしまう恐れももちろんあるものです。

もし友達や仲間がうつ病を発症してしまったら、私達には何ができるのでしょうか?ここではうつ病になった友達や仲間に、今私達ができることは何なのか、考えてみることにしましょう。

まず、うつ病であることを友達や仲間から打ち明けられた場合は、本人の話をよく聞いてあげるようにしてください。

自分からうつ病であることを打ち明けるというのは、本人にとっては非常に怖いことですし、周りの人達に受け入れてもらえるかどうか、とても不安に思うことでもあります。

嫌われてしまったらどうしよう、と皆さんの反応を気にしている状態の中でも、自分からうつ病のことを打ち明けてきてくれたのであれば、皆さんもしっかり受け入れてあげてください。

うつ病の症状に対して理解することは後からでも構いませんので、うつ病であることを話してくれたことを受け入れてあげましょう。

誰にも話せない状態から、こうして誰かに話せる状態になることは、患者本人にとっては大きな進歩です。皆さんも友達や仲間として、できることがあれば協力してあげてくださいね。

しかし、人によっては自分がうつ病であることを他人に話せない場合もありますし、自分がうつ病を発症していることに気づいていない場合もあります。

うつ病を発症している本人がうつ病であることに気づかない、ということは決して珍しくありません。だからと言って現れている症状を放っておいても悪化してしまうばかりですので、その時は周りにいる皆さんが気づいてあげることが大切です。

最近元気がない、最近笑うことが少なくなった、仕事に集中できなくなっている、一緒に食事を摂っていても食欲がないように感じるなど、何らかの変化が見られているようであれば、どんな話でもいいので本人の話を聞いてあげてください。

うつ病を発症していない場合でも、話を聞いてあげるだけでうつ状態を緩和させることも可能です。

誰にも話せないからこそ、うつ病であることがより辛く感じてしまいますので、話を聞くことで気持ちを少しでも楽にさせてあげましょう。

また、仕事仲間がうつ病を発症してしまった場合は、仕事がうつ病の原因であることも考えられます。仕事によるストレス、人間関係などが原因でうつ状態に陥ってしまうことは非常に多く、うつ病で仕事を休職する人も少なくありません。

もちろん仕事が原因ではない場合でも、うつ病は休養を取ることが必要なので、休職することも治療の一貫となっています。

しかし、うつ病は予防しておくに越したことはないので、もし仕事仲間が悩んでいる様子が見られれば、仕事を手伝う、悩みを聞く、ストレス解消に付き合うなど協力してあげてくださいね。