うつ病 甘え

うつ病の自分に甘えすぎないで、できそうなことはやってみること

「私はうつ病だから」「今日は調子が悪いから何もできない」と思う時は、誰かに助けてもらいたい時ですよね。うつ病は真面目な性格で一人きりで頑張ってしまう人によく見られる病気です。

こうした性格の人が誰かを頼るようになるまでには時間がかかるものですが、一人で抱え込まず他の人に仕事をお願いしたり、誰かと協力して物事を進めていったりすることができるようになれば、うつ状態からは徐々に抜け出すことができるようになります。

まずは頑なだった心をやわらかくしてあげることが必要なので、うつ病を患っている人が周りにいる場合は「頼ってもいいんだよ」と声をかけてあげてください。

または話を聞いてあげるだけでも良いでしょう。話を聞いてもらうことで心は軽くなりますから、ちょっと相談に乗るだけでも良いので話に耳を傾けてあげてみてくださいね。

しかし、あまりにも周りに頼りすぎたり「うつ病だから」という言い訳ばかり使っているような場合は、うつ病という症状に甘えすぎていることが考えられるので注意が必要です。

うつ病は決して治らない病気ではありませんし、適切な治療を受けることで症状も緩和させていくことができます。症状が良くなるまでに時間はかかりますが、うつ病であることを言い訳にしていたら、いつになってもうつ状態から抜け出すことはできません。

うつ病を発症していても自分でできることは自分でやるなど、他人を頼りすぎないようにすることも大切なので、周りに甘えすぎている患者がいる場合は少し距離を置いてみることをおすすめします。

うつ病の人と長く付き合っていくためには、うつ病を患っている人の人生に踏み込みすぎないことが重要です。周りにいる家族の皆さんはもちろん、友達や恋人といった関係の場合も同様です。
(⇒大切な人がうつ病になってもまずは自分を大切に

症状が改善するよう患者の生活に協力をしていくことは非常に良いことですし、患者自身も助かることですが、協力をすることと甘やかすことは全くの別物です。

患者によっては周りにいる人達に甘えて自分では何もしない、という人も少なくありません。

自分一人で頑張ってきた人が他人を頼るようになることは、大きな進歩なのですが、「うつ病だから○○できない」といったように、うつ病を言い訳に使うことは決して良い傾向ではないのです。

この状態のまま甘え続けていてもうつ病の症状は一向に良くなりませんし、本当に何もできない状態になってしまう恐れもあります。

だからといって「うつ病=甘えている、怠けている」というわけではなく、うつ病であることを言い訳に何もしなくなってしまう患者自身のうつ状態の傾向に問題があると見られます。

うつ病に負けずに自分自身でできることはやっていこう、と少しずつでも前向きな気持ちに切り替えていく人も見られていますから、うつ病を言い訳にせず、まずは無理をしすぎない程度に自分でできることは行動してみることを心がけていきましょう。