うつ病の症状と感情移入

生活の中で泣くことが増えた、必要以上に感情移入してしまう場合も

特に悲しいことがあったわけでもないのに涙が出る、テレビのニュースやドラマなどの悲しい話に必要以上に感情移入してしまって涙が出てくる・・・うつ病を発症するとこのような症状が現われることもあります。

うつ病の代表的な症状には憂うつ感、気分の落ち込み、イライラ感、無気力感、全身の倦怠感、食欲低下、睡眠障害などが挙げられますが、わけもなく涙が出る、ちょっとしたことで泣きたい気持ちになる、感情移入しやすくなるといった症状もまた、うつ病の特徴となっています。

同じうつ病でも人によって程度は異なりますが、うつ病は気持ちが不安定になっているため、ちょっとしたことで涙が出たり、ドラマなどの作品に過剰に感情移入してしまったり、感情の起伏が激しくなることは珍しいことではありません。

特にドラマや小説、アニメ、漫画といった作品に感情移入することは、場合によってはうつ状態を悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

その作品の内容にもよりますが、病気が関わる作品や死が関わる作品などは、感情移入をすることでうつ状態を強めてしまう恐れがあります。

健康な人でも難病ものを扱っているドラマや小説などの作品に触れることで、軽い気分の落ち込みを感じたり、涙が出て止まらなくなったりすることがありますが、うつ病の場合は病気の悪化に直接関わることもありますので、できれば避けるようにすることをおすすめします。

患者によっては自分から避けていることもありますから、もし自分から「こういうドラマは見たくない」とか「こういう小説は読みたくない」と言っているような場合には、無理して見せたり読ませたりしないようにしてください。

また、うつ病患者の周囲の視点から見てみると、うつ病患者に対する感情移入というものも大きな問題として挙げられます。

うつ病の人と長く付き合っていくためには、その人に対してあまり感情移入せず、症状を客観的に冷静に見る必要性があります。

これはうつ病を専門としている心療内科や精神科の医師にも同様に言えることなのですが、患者に対して感情移入しすぎてしまうと、自分自身もうつ状態に陥ってしまう恐れがあるからです。

例えば、皆さんはうつ病の患者の話を聞いて相談に乗ってあげることになったとします。患者は話を聞いてもらうことで気持ちがとても楽になるのですが、皆さんがその話に感情移入してしまっていたらどうでしょうか?

今度は皆さんがうつ状態に陥ってしまう恐れが高まってしまいますので、話を聞くにしても感情を入れすぎず客観的な姿勢を保つことが大切です。

うつ病の人と付き合っていくためには、皆さんがある程度突き放した気持ちで付き合う必要があります。
(⇒うつ病の人と付き合うことに疲れたら

冷たい、優しくないといった印象に思われても、皆さん自身もうつ病になってしまっては元も子もありません。患者に協力することも大切ですが、それ以前に自分のことも大切にしてあげてくださいね。
(⇒大切な人がうつ病でもまずは自分のことを大切に