うつ病と就職・転職

うつ病と就職・転職、まずは自分にできることを見つけることが第一歩

高校・大学を卒業後に就職をする場合、うつ病でも健康な人と同じように就職することはできるのでしょうか?うつ状態になる原因は人それぞですが、そのほとんどが「ストレス」と考えられています。

ストレスによって精神的・身体的な負担がかかり、うつ状態に陥ってしまうことでうつ病が発症してしまうのです。

こうしたうつ病の症状によって、ひどい場合は普通の生活さえも送れなくなってしまうこともあるため、就職をして仕事をすることについても健康な人とは大きな差が見られてしまいます。

就職できてもうつ状態が悪化してしまったことから仕事を続けられなくなった、うつ病であることが影響して就職の内定を取ることさえもできないなど、それぞれのうつ状態に向かない仕事内容や就職先のうつ病に対する理解不足によって、就職しても仕事ができない、または仕事に就くことができない、ということも珍しくありません。

これは学生の就職活動にはもちろん、再就職や転職しようと思っている皆さんにも当てはまるため、うつ病を発症している人が仕事を探すということの難しさが目に見えて現れています。

例えば、工場などで働きたい、という場合には基本的に流れ作業が仕事内容となります。この場合、うつ病でもできそうな仕事だと思われる皆さんが多いかと思いますが、同じうつ病の患者でも流れ作業が向いている人と向いていない人がいるため、人によってはうつ状態がひどく悪化してしまう恐れもあるので注意が必要です。

また、仕事内容は向いていても職場の人間関係によってうつ状態が悪化してしまうことも有り得るので、こういった面からもうつ病の就職や転職は難しい、と言われています。

しかし、やはり仕事をしなければ生きていくことができませんし、うつ病だって仕事をすることができる、と思っている人も実際に見られています。

うつ病と上手く付き合っていくためにも仕事をして自分の力で生きていけるようになりたい、という人もいますから、まずは「うつ病だから・・・」と何でも諦めてしまわないようにすることが必要です。

うつ病を発症している患者の中には「自分はうつ病だから仕事ができない」と言い訳のように繰り返す人も多く見られていますが、うつ病の症状は薬物療法だけではなく、患者自身が変わらなければならないこともあります。

うつ病だから、と思う前に自分でもできることはないか?と何でも良いので見つけてみましょう。もし何か仕事をやってみて、できなくても落ち込むことはありません。

一度やってみて「ダメだ」と思うことも「またやってみよう」と思うことも、最終的には皆さん次第です。自分にできそうなことを見つけたらまずはやってみることが、就職や転職をするためにはまず必要です。

一人きりで頑張る必要は全くありませんので、周囲の家族や友達などにも協力してもらいながら、自分が頑張らずにできることを探していきましょう。