うつ病と嗜好品の関わり

うつ状態が悪化することも、お菓子やタバコなどの嗜好品との関わり

チョコレートやケーキなどの甘い物が好き!という人は男女問わず多く見られていますが、こうした甘いお菓子がうつ状態を悪化させてしまう場合もあるので注意が必要です。

お菓子に使われているのは主に「上白糖」という白い砂糖ですが、上白糖には身体を冷やしたり、新陳代謝を低下させてしまったりする働きがあるため、摂り過ぎることで身体には様々な影響が現れるようになります。

また、糖分の過剰な摂取によって栄養バランスが崩れてしまうこともありますから、そのまま食生活の乱れにも繋がります。

こうした身体の冷えや食生活の乱れは、うつ病を発症する原因とも考えられているので、うつ病を予防するためには上白糖を過剰に摂ることを避ける、毎日栄養バランスの整った食事を摂るようにする、といった心がけが必要となります。

もちろん、うつ病の症状を改善するためにも効果がありますので、できれば甘い物を食べることは避ける、甘い物を食べたいときには身体を温める働きのある「てんさい糖」が使われているものを食べるなど、同じ糖分でも身体に良い糖分を選ぶことをおすすめします。

また、女性に多く見られることなのですが、イライラや疲れを緩和させて精神安定を求めるために甘い物を口にすることがありますよね。

実際に甘い物を摂ることで気持ちが落ち着き、精神が安定することはあるのですが、こうした生活を続けていると「スイーツ依存症」を引き起こしてしまう恐れが高まります。

うつ病と併発しやすい依存症には「アルコール依存症」など様々なものがありますが、甘い物を食べることに対して精神安定を求めるようになると、「スイーツ依存症」に陥ってしまうこともあるのです。

例えば、仕事や勉強で疲れるとチョコレートを食べなければいられなくなる、毎日ケーキやアイスなどを食べなければいられなくなるなど、甘い物を食べることが習慣化されているような場合は特に注意が必要です。

さらにひどい場合は砂糖を舐めることで精神を安定させるような「砂糖依存症」に発展してしまうこともありますから、うつ病を発症していない場合でも甘い物の摂りすぎには十分気をつけるようにしましょう。

その他、嗜好品としては「タバコ」なども挙げられますね。タバコも甘い物と同様に吸わなければいられなくなる状態になることが多いため、依存してしまう傾向が強く見られています。

例えば、タバコを吸わないでいるとイライラしてくる、といったような場合はタバコに対して依存してしまっていると考えられますし、逆にタバコを吸いすぎると憂うつな気分が襲ってくる、という症状も見られています。

タバコを吸う前はイライラしていたのにタバコを吸ったら治まった、というように、タバコを吸うことで気持ちの状態が変わってくる、という場合は早めに医師に相談してみることをおすすめします。

タバコは精神的にも身体的にも影響を与えるものなので、うつ病の人は控えるよう注意しましょう。