うつ病でも外出したい

うつ病でも出かけられる?できるだけ人混みは避けて気楽な外出を

ひどい場合は行動することさえもできなくなってしまううつ病ですが、症状がある程度改善されてくると近所を散歩をしたり、どこかに出かけたりしたくなってくることもあります。

今まで外出する気力が起こらなかった状態から、家の周りをちょっと散歩することができるようになることは大きな成長ですので、まずは少しずつ外に出るよう習慣づけてみると良いでしょう。

ただし、強制的に外出したり、外出したくない時に無理して出かける必要はありません。うつ病の治療中に無理をすることは症状を悪化させるきっかけになってしまいますので、無理せず気楽に外に出てみてください。

散歩とまでいかなくても、1歩外に出て太陽の光をたっぷり浴びるだけでもうつ状態の改善に効果があります。太陽の光を浴びることで脳内物質の「セロトニン」を増やすことができるため、うつ状態を徐々に緩和させていくことができるのです。

セロトニンにはうつ状態を緩和させて気持ちを落ち着かせる働きがあるので、毎日1回だけでも外に出て太陽の光を浴びてみると良いでしょう。

どうしても外に出たくない日は、窓を開けて太陽をの光を浴びるだけでも構いません。何かを習慣にして続けていくことができる、ということも成長ですから、自分のペースで進んでいきましょう。

また、さらに症状が回復していくとちょっとだけ遠出をしたくなる気持ちも現われるようになってきます。

家族の皆さんはこうした話を聞くとすぐにでも外に連れ出したくなってしまうかもしれませんが、うつ病は一度症状が良くなっても気持ちの不安定さが完全に落ち着いたわけではないため、患者自身が外に出たくなったと言っても注意が必要です。

特に人混みなどたくさんの人が集まる場所に出かけることは、まだ避けておくことをおすすめします。

抗うつ薬を服用しているなど薬物療法を行なっている場合は、薬によって症状が落ち着いているだけなので、いきなり遠出をして人混みの中に入ってしまうとうつ状態がかえってひどくなってしまうこともあります。

騒がしくたくさん人が集まるような場所はできるだけ避け、人が少なく静かな場所に出かけてみるところからスタートしてみると良いでしょう。

外出する時は患者の気持ちが安定していることが第一条件なので、無理に外に連れ出さないこと、患者が帰りたくなった時はすぐ自宅に帰ることなど、家族の皆さんも十分に注意するようにしてください。

また、うつ病と併発しやすい精神疾患の一つに「パニック障害」がありますが、パニック障害のパニック発作は人混みで起こりやすいため、うつ病とパニック障害を併発している場合はより注意が必要です。

広場恐怖症と呼ばれる症状で、人が多いところで倒れたらどうしようとか、外に出ることに対して不安や恐怖を感じることが多く見られています。

パニック障害の典型的な症状なので、家族の皆さんは患者の様子を見ながら外出に付き添ってあげるようにしましょう。