うつ病は無理をしない!

とにかく無理をしない!うつ病はゆっくり休むことを第一に考えて

何につけてもついつい無理をしてしまう・・・という皆さんは、うつ病にかかりやすいと考えられています。仕事や勉強などを頑張ることはとても素敵なことですが、頑張ることと無理をすることは違います。

頑張れる分だけの体力や気力があれば良いのですが、無理をして仕事や勉強をしてしまうと心や身体には大きな負担がかかります。

こうした負担はストレスとなり、うつ状態に陥る原因となってしまいますので、うつ病の予防にはとにかく無理をしないことが先決となります。

もちろん、うつ病を発症してしまった場合にも無理をすることは厳禁です。うつ病を発症している状態は、心が風邪を引いてしまっている状態とも考えられていますから、普通の風邪を引いた時のようにしっかり休養を取ることが大切なのです。

休まなければならないのにもかかわらず無理をしてしまったら、風邪を治すことはできませんよね。うつ病も普通の風邪と同じように、休む時は休む、無理をしてはいけない時は安静にする、といった心がけが重要とされています。

精神疾患には様々な症状がありますが、特にうつ病は休養を取ることも治療法の一つとなっています。心も身体も疲れてしまっている状態なので、無理はせずゆっくり休むことを第一に考えるようにしましょう。

そのためには、仕事や学校などを長期的に休む必要があります。仕事は絶対に休めない、学校には行かなければならない、と思ってしまう人も多いかもしれませんが、こうした考えになってしまうこと自体もうつ病の症状のうちに当てはまります。
(⇒仕事や学校を休むためには診断書が必要

一般的にうつ病を発症する人は真面目な性格の人が多いと考えられており、仕事や学校に対して「絶対に行かなければならない」という考えに捕らわれすぎてしまっていることから、自分の許容範囲を超えてまで頑張りすぎてしまう、無理をしてしまう、といった状態になってしまうのです。

こうした強迫観念が強すぎるような場合は「強迫性障害」を併発している恐れもありますので、まずは心療内科や精神科のある病院を受診してしっかり医師に診てもらうようにしてください。

うつ病は放っておくと悪化してしまいますし、強迫性障害以外にもパニック障害など他の精神疾患を併発してしまうことも珍しくありません。

様々な精神疾患との併発を防ぐためには、まずうつ病自体の症状を緩和させていくことが必要なので、医師の指示に従って適切な治療を受けるようにしましょう。

うつ病の治療は主に抗うつ薬などを使用する薬物療法、考え方や捉え方を変えていく認知行動療法などが行なわれていますので、医師や周りの家族に協力してもらいながら、ゆっくり治療をしていきましょう。

決してすぐに良くなる病気ではありませんが、早期に症状の発症に気付くことで回復も早くなります。もし少しでもおかしいなと感じることがあれば、話を聞いてもらうだけでも良いので、心療内科や精神科の医師に遠慮なく相談してみてください。
(⇒カウンセリングで相談を